キャリア形成

会社のキャリアではなく、人生のキャリアを考え続けた方が良い理由

はい!こんにちわ!
今回は、キャリアについての考え方を紹介していきます。

突然ですが、あなたは自身の今後のキャリアをどう考えていますか?

部長に昇格したい?花形部署で活躍したい?海外勤務でグローバルな人材になりたい?
人それぞれの様々な考え方があると思います。

でも、一度よく考えてみて欲しいのです。

 

それって社内限定の話じゃないでしょうか?

 

最初から社内だけで、キャリア形成をすることに捕らわれていませんか?その考え方は少し危険かもしれません。
今回は、キャリアは人生単位で考えた方が良い理由について紹介します。

キャリアの意味とは?

そもそもキャリアって何?ってことですが、キャリア(Career)=「経歴」のことを指します。直訳だとそういう意味になりますが、世間一般で呼ばれているキャリアには「(会社員としての)経歴」という意味で使われていることが多いと思います。

「君の今後のキャリアプランは?どう考えてるんだ?」とか上司から面談の時に聞かれる訳ですね。そこで適当に答えると印象もよくない訳で、面談に備えて色々なキャリアプランを考えると思います。

「私は、今までのこの経験を活かして、次はこの部署に行き、このように活躍していきたいと思います!」とか真面目な人ほど、上司が喜びそうなキャリアプランを考えてしまう訳です。

それって本音ですか?

このようなやり取りが当たり前になってくると、キャリアの意味を狭義でしか見ることができなくなります。

つまり本来キャリアというものは、”人生の経歴”であるはずが、”仕事の経歴”という見方しか出来なくなるのです。

昇進するためにはどうしたらいいのだろうか?同期より、周りより優秀に見られるためにはどうしたらいいのだろうか?
そんなことばかりに着目していたら、今の会社に依存する生き方になってしまいます。

会社中心の考え方が危険な理由

キャリアが会社中心の考え方になってしまうということは、今いる会社で自分の人生が完結してしまうことになります。

本当に今の会社に勤めているだけで、自分の本当にやりたい事や、自分のあるべき姿になれるのでしょうか?

もちろん、今の会社が自分に合っていて、天職とも言えるような仕事を出来ているのであれば、そのまま自分のキャリアを突き進めば良いと思います。

そうでないあなたは、人生という意味でキャリアを考えて欲しいのです。

自分の人生の最終ゴールはどこでしょうか?そこに行きつくためには、どんな経歴が考えられるでしょうか?

転職、起業、フリーター、バックパッカーなど、自分で納得できる経歴なら何でも構わないです。

「君の仕事というのは、人生の多くを支配する。だから、(人生を)本当に満足するには自分の信じる最高の仕事に就くしかない。そしてその最高の仕事というのは、その仕事が大好きでたまらないというものでなくてはダメだ。まだそれが何であるかわからないというなら、探し続けなさい。止まってはダメだ。それが見つかった時は、絶対にそうだと心の底から分かる。そして時間が経つにつれ、やればやるほどどんどん良くなる。まるで最高の人と出会ったように。だから、見つけるまで探し続けなさい。諦めてはダメだ。」

出展:スティーブ・ジョブズ-Wikipedia

スティーブ・ジョブズが言うように、キャリアって探し続けるものだと考えています。

私も、ずっと会社員としてのキャリアについて考えて来ました。企画系の最先端なことをしている部署に配属されて、バリバリ仕事してスキルアップして、次はグローバル分野で知見を広めて、同期より先に昇進して・・・みたいな感じに真剣に考えてました。

しかし、実際に希望の花形部署に配属されて、死に物狂いに働いているうちに、ふと思ったのです。

これが俺の人生としての理想のキャリアなのか?

別に仕事が悪いと言っている訳ではありません。仕事は重要なことですし、働くこと自体はとても素晴らしいことです。

ですが、今の会社でのキャリアだけにこだわる必要はなく、もっと広い目線でキャリアを考えた方が良いということです。

自分のキャリアなんて考えられないよってあなたは、一度、性格診断や自己分析をしてみたらヒントになるかもしれません。MIIDAS(ミイダス)の適正チェックは、分かりやすくてオススメなので、気になった人はぜひやってみてください。

まとめ

今回は「キャリア」についての考え方を紹介しました。

サラリーマンの若手の時期だと、まだ多感性な部分もあり、色々なことに疑問を抱くこともあると思います。私はその考えを大切にして欲しいと思います。

自分の人生です。あなたの人生です。

会社に固執することなく、人生をキャリアを考えていきましょう。

「未来を見据えて何が起きるかなんて予測は不可能だ。いつも過去を振り返ってみて、あれとこれは繋がっていた、としか言えないんだ。だから自分自身が信じれるものを信じるしかない。それが勘であれ、運命であれ、人生であれ、因果であれ、なんであれ、だ。このやり方で私は後悔したことはないし、私の人生で非常に大きな役割を果たしてきた。」

出展:スティーブ・ジョブズ-Wikipedia

 

「点と点は線になる」ですよ。

 

以上、会社のキャリアではなく、人生のキャリアを考え続けた方が良い理由という話題でした!