キャリア形成

脱出できるのか?ノウハウコレクターの依存症は絶対に何も変われない

はい!マックス・イナバです。

今回は、自己投資に300万円はかけてきた私が、ノウハウコレクターについて書いていきたいと思います。

あなたは、自己啓発とか自己投資とかってされてますでしょうか?

例えば、本を読んでみたり、セミナーに参加してみたり、コンサルを受けてみたり。
なんでもいいのですが、自分の成長のためにお金をかけていますかってことですね。

出典:ジャックス

ここで一度、自己投資に関するデータを見てみましょう。

半数ほどの人が、自己投資を行なっているという回答でした。
結構やっている人多いんですね〜。私の周りだと、あんまりそんなイメージなかったですが、みんな隠れてやっているのかもしれませんね。

ここでのデータは、会社でのスキルアップに焦点があてられていますが、もっと色々なことに自己投資はしたほうがいいですよ。

今の会社のためのスキルは、今の会社でしか役に立ちません。学校で教えられたことが、社会では役に立たないってよく言われますが、同じようなことですよ。

そして、手段としてはテキストや教材の購入ということでした。

ここが、今回注目したいポイントですね。

本当に自己投資って大事なことなのですが、よくある落とし穴がこの「ノウハウコレクター」になってしまうことです。

では、ノウハウコレクターの罠について書いていきます。

ノウハウコレクターとは?

ノウハウコレクターとは、ネットビジネスで使われる用語で、情報商材や書籍を通して多くの知識を持っているものの、思うような収益があがっていない状況を指します。情報を得ることで満足してしまい、実際に行動しないことが原因で、ノウハウコレクターになってしまうケースが多いようです。

出典:ビジネス心理学

まずは「ノウハウコレクター」って何って話ですが、上記のような状態ですね。

簡単に言ってしまえば、「インプットばかりで満足している人」です。

  • 本を読んだ→「おお〜、タメになるなあ〜。この本のおかげで賢くなった。明日から実際にやってみよう」
  • 高額の情報商材を購入→「これでなんとなく自分が成長した気がするな・・・。明日からやってみよう。」

・・・気持ちは、痛いほど分かりますよ。

私も一時期、ノウハウコレクターになっている時がありました。

たくさんの書籍や情報商材を買って、ななめ読みして満足みたいな。
高額や有名な情報を取り入れるほど、満足度が増すみたいな。
「あ〜。本当にタメになったわ〜。」ってそれで終わりみたいな。

受験の時とかで、やたら参考書とか塾に詳しい奴いませんでした?

「物理はこの参考書がわかりやすい!」とか「〇〇塾の〇〇先生の授業が一番分かりやすい!」とか言っているやつ。

なんか、たくさんの情報をインプットすることで、怖いことに自分は成長していると錯覚するんですよね。

「たくさんの知識を持っている俺スゲェ!」みたいな。

自分で体験しているので分かるのですが、

それだけだと、あなたは何も変わっていないです。

だって、考えてもみてくださいよ。
優良な書籍を読んだり、情報商材を読んだり、セミナーに参加するだけで成長して変われるなら、そこらじゅう優秀な人間だらけですよ。

逆に、無能に希少価値があるみたいな状態ですよ?
みんなスティーブ・ジョブズなんですよ?

そんなはずがないんです。

これがノウハウコレクターの実態です。

次は、この状態を脱するための方法を書いていきます。

ノウハウコレクターのままだと絶対に変われない!脱出しよう!

はい、結論から言います。

  1. 行動
  2. 行動
  3. 行動

です。

「はあ?」って声が聞こえてきそうですね。

でも、これが唯一の脱却方法です。

行動しないと、何も変わらないんですよ。

書籍や情報商材を読んだり、セミナーに参加して実際に変われる人は1〜2%と言われています。

では、なぜ変われないのか?

行動してないからなんですよ。
または、行動したとしても継続してないんですね。

例えば、何か稼ぐ系のノウハウ商材を読んだとしましょう。
1週間試して、結果が思うように出ない。→辞めちゃう。

こんなパターンが多いと思います。

でもね、結果なんてそんなすぐに出るはずがないんですよ。

「1日で変われる。あなたの可能性を開花させましょう!」とかの謳い文句って結構ありますけど、ただのキャッチコピーですよ。

1日間だけは、変わったように錯覚しているだけです。

どんなに素晴らしい教材でも、行動しないと何の意味もありません。

行動量×継続期間=自分の成長

です。

じゃあ、頭では分かってても行動できない人は何をすればいいのか?
簡単です。

目標を立てましょう。

目標がないから、自分がどこに向かっているのかよく分からないし、達成感もないから継続できないのです。

目標の立て方については、SMARTの法則を参考にするのがおすすめですよ。

  • Specific(具体的)
  • Measurable(計測可能性)
  • Achievable(達成可能性)
  • Relevant(関連性)
  • Time-bound(期限)

この5項目に沿って、目標を設定する方法になります。

詳しくは、こちらにまとめてあったので、興味のある方はのぞいてみてくださいね。

まとめ

はい!今回はノウハウコレクターについて書いてきました。

自分の知らないうちに、ノウハウコレクターの罠にハマっているというのが怖いですね。

ホリエモンも「とにかく行動しろ」ってよく言われています。
よかったら参考になるので読んでみてください。

ただし、読んだ後は絶対に行動に移してくださいねww

多動力 全産業の“タテの壁”が溶けたこの時代の必須スキル [ 堀江貴文 ]

created by Rinker

 

以上、脱出できるのか?ノウハウコレクターは絶対に何も変われない理由という話題でした!