EMPLOYMENT

仕事の限界サインがきたら全力で逃げろ!うつ病経験者の私が解説!

大企業に合わない人の特徴【性格編】
青ざめる人
青ざめる人

毎日毎日遅くまで仕事で、かなり限界に近いかもしれない・・・
でも、もっと頑張ったほうがいいのかも?どうすればいいのか分からない。限界サインと対策を知りたい。

今回は、こんなお悩みにお答えしていきます。

本記事の内容

・仕事の限界サイン5選【これがあると危険】
・まずは休める時間の確保【正常な判断ができない】
・仕事のポジショニング【無理がない領域を見つける】

一度は、今の仕事がもう限界と思ったことありますよね。

仕事は楽しい時もありますが、辛い時も多いものです。一定の時期だけかなり忙しくなる職種などもありますので、「もう限界!」と思うこともあります。

ですが、真面目な人ほど「もっと頑張らなきゃ」「まだ大丈夫」と限界がきても、無理をして頑張ってしまうことがあります。

 

私はそのまま限界を無視して走って、うつ病になってしまった経験があります。一度うつ病になると復帰まで時間がかかってしまいますので、絶対に気をつけましょう。

本人だけだと、意外と限界ラインがどんどん分からなくなってしまいます。

なので、今回は経験を踏まえて仕事の限界ラインについて解説していきます。

 

この記事を読み終えることで、仕事の限界サインが客観的にわかるようになるはずです。

では、さっそくいきましょう!

仕事の限界サイン5選【これがあると危険】

仕事の限界サイン5選【これがあると危険】

本人は感覚が麻痺してしまって、限界が分からなくなっている時もあります。

自分の経験を踏まえながら、客観的に限界のサインを解説していきます。

1.仕事に行くまでの嫌気

仕事に行くまでおっくうになるのは、誰でもあるかと思います。ただ、ずっとその症状が続いたり、会社に行きたくないことばかり考えているのは注意です。

仕事に行くのに嫌気がある

  • どうしてもベットから起き上がることができない
  • 朝の支度に時間がかかる
  • 足が重い
  • 朝から嫌な気分が続く
  • 電車に乗るだけで気分が悪くなる

 

人の心は、意外と正直なものです。仕事に行くのが嫌なのであれば、それは押し潰さずにしっかりと受け止めるようにしましょう。

本来、会社に行く時はそんなに深く考えずに出社しているはずです。その行くこと自体に思い悩んでいるようであれば、気をつける必要があります。

2.ネガティブなことばかりを考える

もちろんどうしてもネガティブなことを考えてしまう時もありますが、ずっとネガティブなことばかり考えるのは注意です。

ネガティブな考え

  • この仕事を失敗したらどうしよう
  • 上司に指摘されたらどうしよう
  • 自分の能力が足りないのかもしれない
  • 同僚にバカにされている気がする
  • 意見を否定されたらどうしよう

 

このような考えをずっと持っているようなら、かなり危険な状態です。

健全な環境であれば「自分が減点される」ということは、安心しているのであまり考えないはずです。

3.仕事に集中できない

普通であれば、仕事に対して集中している時間が少しでもあるはずですよね。ただ、限界を迎えてくると仕事に集中できなくなります。

何かを考えすぎて集中できないというよりかは、「頭の中が真っ白なまま」って感じですね。

ここまでくると、かなり限界が近いです。最終的には仕事だけでなく、家の中でも何も考えられなくなります。

4.体に異変が出る

最初のうちは精神的な限界を感じるサインが多いですが、徐々に体にも異変が出てきます。

体の異変の限界サイン

  • うまく寝ることができなくなる
  • 円形脱毛症になる
  • 食欲がない
  • 常に吐き気がある
  • いつもカラダに力が入っている

人の体は、ちゃんと反応するようになっています。無視せずに、しっかりと認識するようにしましょう。

5.喜怒哀楽の表現が上手くできない

ここまでくると、かなりやばいです。

限界サインをどんどん超えてくると、最終的には喜怒哀楽の表現がうまくできなくなります。

喜怒哀楽の表現ができない

  • 笑おうと思っても苦笑いになる
  • 泣こうと思っても泣けない
  • 何も楽しいと思わない
  • 自分のことでも、怒るより無関心
  • 嬉しいと思うことができない
怒る人
怒る人

そんなことで限界なんて甘いんだよ!仕事は無理してなんぼ!
俺の時はもっと酷かった!

なんていう人がいるかもしれませんが、無視してください。こういった苦しみは絶対に本人しか分かりません。

マックス
マックス

頑張るのもいいですが、限界を超えると逆に何もできなくなってしまいます。あなたのカラダは一番大切なので、絶対に限界サインを感じたら無理はしないようにしましょう。

まずは休める時間の確保【正常な判断ができない】

まずは休める時間の確保【正常な判断ができない】

限界サインのことを解説してきましたが、どう対処していくのかも肝心です。ここからは、限界サインを迎えた時の対処法について解説していきます。

絶対に休む時間を取る

まず第一に、ゆっくりと休む時間を絶対に取りましょう。

ずっと限界状態で仕事を続けていると、そもそもゆっくりと考える時間すら作ることができません。

仮病でも何でもいいので、会社を休むこと優先します。まずやるべきことは、絶対にゆっくりとできる時間を作ることです。

限界の時に正常な判断はできない

限界状態で仕事を続けていると、どんどん正常な判断ができなくなってきます。

そんな時に、将来のことなどを考えても正常な判断はできないですし、そもそもネガティブなことばかり考えてしまいます。

正常な判断能力に戻すために、まずはゆっくりとする時間をとって思考をクリアにします。

対処法は2択しかない

さて、思考をクリアにして正常な判断ができるようになったら、実際にどうすればいいのかを考えていきましょう。

ですが、そもそも選択肢は2つしかありません。

1.自分を変える

2.環境を変える

いずれにせよ、限界サインが出ているようであればこのままだと悪い方向にしかいきません。良い方向にいきたいなら、どちらかを選択して行動していく必要があります。

自分を変える

自分を変えて、良い方向に持っていくこともできます。

これはある程度、余裕のある方がやったほうがいい内容です。なぜなら、即効性はあまりないからです。

自分を変えるといっても、人間が変わるためには時間がかかります。そこは頭の中に入れておきましょう。

 

自分を変えていく方法

  1. 自分でできることと、できないことを分けて考える
  2. 自分にできることに集中して実践する

もう根本的にはこれしかありません。ただ、自分の力ではどうしようもないことに執着することはやめましょう。

  • 他人を変える
  • 思い通りに動いてもらう
  • 環境を思い通りにする

気持ちは分かりますが、自分の力ではどうしようもないことをウダウダ言っても何も始まりません。何度も言いますが、自分の力でできることに集中していくことがいいです。

環境を変える

自分を変えていくことは、徐々に良い方向に向かっていきます。一方で環境を変えることは即効性がある場合が多いです。

環境を変える

  • 部署異動をする
  • 転職する
  • 副業や別のコミュニティに属する
マックス
マックス

環境を変えることが、「逃げ」「負け」と思っている人も多いですが、そんなことはありません。適材適所。自分の合ったところにいけばいいのです。

転職は逃げなのか?
転職は逃げなのか?転職経験者の私が解説!【逃げてもいいです】転職が本当に逃げなのかどうか知りたいですか?本記事では実体験も踏まえながら、転職は本当に逃げなのかどうかを解説しつつ、転職の成功手順も解説しています。会社が嫌で仕方ない方や、転職を考えている方はぜひご覧ください。...
副業と投資のまとめ一覧を徹底解説!【初心者はこれだけでOK】副業や投資で稼ぐ方法がどんなものがあるか知りたいですか?本記事では副業と投資を網羅的にまとめて解説しています。副業や投資をやってみたいけれど、何があるのか分からないという方はぜひこの記事をお読みください。...
会社の部署異動をしたい新人は必読!やりたい仕事を考え直す理由
【部署異動をしたい新人のあなたへ】何をすべきなのかを徹底解説!会社の部署異動がしたい時にどうすればいいのか知りたいですか?本記事では実体験を踏まえながら、部署異動したい新人の考えるべきことを解説しています。部署異動したい方や新人の方はぜひご覧ください。...

仕事のポジショニング【無理がない領域を見つける】

仕事のポジショニング【無理がない領域】

日本人は真面目な人が多いですから、限界をむかえても「もっと頑張らなきゃ」と思いがちです。

何の努力もせずに逃げグセがつくのはよくありませんが、仕事はポジショニングも大事になってきます。

仕事はそれほど重要なのか

そもそも、自分の体調を壊して働けなくなるまで仕事することが重要なのでしょうか。

答えは「No」です。確かに仕事は重要ですが、その人の体調が壊れるまでやるべきことではありません。

もちろん、時には限界を超えて頑張ることで成長に繋がることもあります。ただ、全員が全員そうというわけでもありません。

何をどう言われても、一番重要なのはあなたの健康です。 それ以外に重要なことなどありません。

勇気ある撤退で何が悪い?

自分の限界サインに気づいて、環境を変えようと部署異動や転職を考えると、どうしても「逃げ」「負け」といったイメージを持つこともあるでしょう。

それは、「逃げ」や「負け」ではなく「勇気ある撤退」です。

環境を変えたりすることも、とても勇気が入りますし行動力も必要になってきます。逆に言えば、誰にでもできることではありません。

 

その勇気ある一歩を踏み出したことのない人に、あーだこーだ言われようがなんの説得力もありません。

どうしても会社や職場、人間関係は合う合わないがあります。であれば、自分に合う場所で働くほうが自分にも社会にもプラスにはたらきます。

周りの意見は気にせずに、「勇気ある撤退」をしましょう。

今すぐ辞めるべき会社の特徴はこれ!【我慢しても良いことはない】
今すぐ辞めるべき会社の特徴はこれ!【我慢しても良いことはない】辞めるべき会社の特徴について知りたいですか?本記事では実体験に基づきながら、今すぐ辞めるべき会社の特徴を解説しています。会社に不満のある方や、辞めようか悩んでいる方はぜひご覧ください。...

会社は無数に存在する

一社しか経験していないのに、

怒る人
怒る人

今の会社でうまくできない奴が、どこ行っても同じだ!

っていう人いますよね。

転職未経験の人の意見を聞いても、なんの意味もありません。だって、知らないですから。

 

日本だけでも、無数の会社が存在します。海外まで広げれば、それはもう星の数ほどあります。

であれば、会社ごとに特色が違うなんて当たり前のことです。つまり、あなたに合う合わない会社もいくらでもあるということです。

若手キャリアの選択はどうしたらいいのか?【自分で正解にしていく】キャリアの選択について知りたいですか?本記事では、キャリアの選択の根本的な考え方について詳しく解説しています。自分のキャリアに不安を抱いている方や、自分の将来を考えていきたい方はぜひご覧ください。...

自分に合ったポジションを見つける

入社した会社で努力することは前提ですが、限界をむかえるぐらいなら自分に合ったポジションを探すことをおすすめします。

先ほども書きましたが、会社はいくらでもあります。その中からあなたに合った会社を選べばいいのです。

大企業からベンチャーに転職した感想
【初転職が不安で怖いあなたへ】不安を解消する方法を解説!転職が不安で怖いときにどうすればいいのか知りたいですか?本記事では転職での不安について解説しつつ、その対策についても解説しています。不安で転職の一歩が踏み出せない方はぜひご覧ください。...
転職するべきかどうかの判断ポイントを解説!【これだけは押さえておこう】
転職するべきかどうかの判断ポイントを解説!【これだけは押さえておこう】自分が転職をするべきなのかどうかが知りたいですか?本記事では、実体験を踏まえて転職すべきかどうかを詳しく解説しています。この記事を読むことで、転職すべきかどうかが分かります。転職を迷われている方はぜひお読みください。...

まとめ:限界サインがきたらいったん立ち止まる

さて、今回は仕事の限界サインについて解説してきました。簡単に振り返っておきます。

まとめ

【仕事の限界サイン5選】
1.仕事にいくまでに嫌気がある
2.ネガティブなことばかり考える
3.仕事に集中できない
4.体に異変ができる
5.喜怒哀楽がうまく表現できない

・仕事の限界サインがあれば、まずは休むこと
・限界状態で正常な判断はできない
・自分を変えるか、環境を変えるかを選ぶ
・限界まで頑張って、体調を崩すのは無意味
・仕事も重要だけど、一番重要なのはあなたの健康
・「勇気ある徹底」で自分に合ったポジションを選ぶ

仕事は楽しいこともあれば、辛いこともあります。ただ、辛いことばかりで限界をむかえることは確実に悪い方向です。

私はそのまま頑張ってしまいうつ病になってしまいましたが、あなたにはそうなってほしくありません。

別に誰に何を言われようが、あなたが納得していたり過ごしやすくなればそれでいいのです。

 

日本人は真面目なので、いつでも頑張っちゃうことがあります。時には頑張ることも大切ですが、逆に力を抜いて別の方向に行くことも大切です。

何度も言いますが、一番大切なのはあなたの健康です。限界をむかえる前に、自分に合ったポジショニングをしていきましょう。

 

今回は以上!

ABOUT ME
マックス
マックス
理系大学院➡︎IT系大企業➡︎5%の優秀評価➡︎燃え尽きうつ病➡︎起業で月売り上げ400万円➡︎新規事業失敗、借金➡︎AI系ベンチャーに転職とよく分からない人生を送っています。 当ブログでは私が人生で学んできたことを踏まえて、主に若手サラリーマンの役に立つ情報を発信していきます。