EMPLOYMENT

職場で独り言が気持ち悪い人への対処法【正直ウザすぎます】

独り言が気持ち悪くて困っている人
独り言が気持ち悪くて困っている人

職場で独り言がうるさくて気持ち悪い人がいる。仕事に集中できないしストレス溜まるなら、やめてくれないかな・・・。職場で独り言が気持ち悪い人を、どうしたらいいのか知りたい。

 

今回は、こんなお悩みにお答えしていきます。

本記事の内容

・職場で独り言を言う人が気持ち悪いなら距離を置こう
・職場で独り言を言う人の特徴5選【気持ち悪い】
・職場での独り言が気持ち悪い時の対処法

 

職場で独り言をずっと言っている人を見ると、「ちょっと気持ち悪いなあ」と思っちゃいますよね。

ちょっと不快に感じるだけで終わるならいいですが、結構ストレスになりますし仕事のパフォーマンスも落ちてしまいます。

なので、今回は職場で独り言が気持ち悪い時の対処法を解説していきます。

 

前半では職場で独り言が気持ち悪い時は距離を置こうと話をしつつ、後半では独り言を言う人の特徴などについても解説していきます。

この記事を読み終えることで、ストレスに感じる独り言から解放されるはずです。

では、さっそくいきましょう!

職場で独り言を言う人が気持ち悪いなら距離を置こう

職場で独り言を言う人が気持ち悪いなら距離を置こう

結論から言うと、職場の独り言が気持ち悪いなら距離をおきましょう。

独り言が癖になっていてなかなか直らない人が多いですし、そんなことでストレスが溜まっていては非常にもったいないです。

独り言は必ずストレスになる

その人のタイプにもよりますが、周りの独り言はかなりのストレスになることが多いです。

独り言がまったく気にならない人も少数いますが、ほとんどの人は周りの独り言はノイズでしかありません。それでは、ストレスが溜まる一方です。

独り言を言っている方は意外と分からないものですが、聞かされる側としてはかなりのストレスになります。

習慣は簡単に直らない

独り言は最初からそうだったわけではなく、習慣としてそうなっています。生まれてからずっと独り言を言い続けている人なんていませんからね。

習慣を直すことは、結構大変です。タバコも習慣の一つですが、禁煙できない人はたくさんいます。

それほど習慣は身に付いてしまっているものです。独り言も同じで、簡単には直るものではないです。

物理的に距離を置くのが一番

独り言が改善されない以上、もう物理的に距離を置くのが一番です。独り言は小声で言う人が多いので、ある程度の距離をおけば聞こえなくなります。

それだけでなく、部署や会社を変えてもいいでしょう。大袈裟かもしれませんが、毎日独り言を聞くだけでも、かなりのストレスになります。

毎日我慢してストレスまみれになるぐらいなら、部署や会社を変えることも視野に入れてもいいでしょう。

職場の居心地が悪い場合の対処法を解説【逃げてもOKです】
職場の居心地が悪い場合の対処法を解説【逃げてもOKです】職場の居心地が悪い時に、どうしたらいいのか知りたいですか?本記事では体験に基づいて、職場の居心地が悪い時の対処法を解説しています。職場での居心地が悪い方は、ぜひご覧ください。...
レベルの低い会社に居続けるのは危険【早めに逃げましょう】
レベルの低い会社に居続けるのは危険【早めに逃げましょう】レベルの低い会社にいる時に、どうすればいいのか知りたいですか?本記事では、レベルの低い会社にいる時の対処法を解説しています。今の会社のレベルが低いと感じる方は、ぜひご覧ください。...

職場で独り言を言う人の特徴5選【気持ち悪い】

職場で独り言を言う人の特徴5選【気持ち悪い】

職場で独り言が多い人の特徴について解説していきます。あなたの職場の人にも当てはまるかチェックしてみてください。

1. かまってちゃん

1つ目が、「かまってちゃん」です。

独り言をするということは、周りへ自分の声を届けることでもあります。つまり周りへアピールして、かまってほしいという気持ちがあります。

「私はここにいるよ」と誰かにかまってもらうことで、承認欲求を満たす行為と言ってもいいでしょう。

2. 自分の世界を持っている

2つ目が、「自分の世界を持っている」ことです。

想像力の豊かな人などに多いですが自分独自の世界を持っており、そこにのめり込んで周りが見えなくなっていることがあります。

悪気があるわけではなく、集中し過ぎて自分と対話してしまう状態に近いです。

3. ストレス発散

3つ目が、「ストレス発散」です。

人は、自分で声を出すだけでもストレス発散になります。カラオケで歌うとスッキリするのと同じですね。

なので溜まっているストレスを解消しようと、独り言を言ってしまうこともあるでしょう。

4. 過度の疲労

4つ目が、「過度の疲労」です。

あまりに疲れ過ぎている場合、頭が働かずに理性が動いていない時があります。普段は独り言なんて言わないのですが、正常ではなくなって独り言を言うこともあります。

過度の疲労状態だと、正常な動作ができないことがあります。ちゃんと相手の状態を確かめてあげるようにしましょう。

5. 自己暗示

5つ目が、「自己暗示」です。

例えば大きなプロジェクトを任されて不安になっている時など、独り言を言って自己暗示をしようとすることもあるでしょう。

極度の不安に襲われると、「自分は大丈夫」と声に出さないとキツい時もあります。

職場での独り言が気持ち悪い時の対処法

職場での独り言が気持ち悪い時の対処法

ここでは職場での独り言への、具体的な対処法について解説していきます。

はっきりと本人に伝える

伝えづらいかもしれませんが、一度ははっきりと「独り言をやめてほしい」と伝えましょう。意外と気を遣って、言えない人が多いです。

別にその人の人格を否定しているわけでもなく、ただの事実を伝えているだけです。ただ、言い方には気をつけましょう。

あまり直接的すぎる言い方だと、相手の怒りを買うケースがあります。

耳栓やイヤホンをする

伝えても独り言が止まらない場合は、耳栓やイヤホンをつけてみましょう。今ではノイズキャンセリングイヤホンもあるので、かなりの確率で独り言を消してくれます。

ただ、職場での耳栓やイヤホンを認めていないところも多いです。普通に仕事の相談したい時も、耳栓やイヤホン付けられてたら面倒ですからね。

状況をちゃんと説明すれば、OKな場合もあります。周りからの理解が得られるかは確認しておきましょう。

上司に相談する

自分ではどうにもできないようであれば、まずは上司に相談するようにしましょう。部下が働きやすい職場を作るのも上司の役割です。遠慮せずに相談しましょう。

まともな上司であれば、独り言を言う人に注意したり、席を変えてくれたりしてくれるはずです。

もし上司に相談しても何もしてくれない場合は、仲の良い先輩などに相談してもいいですね。最悪、人事にも相談してみましょう。

部署異動かチーム異動

なかなか状況が改善しない場合は、思い切って環境を変えてもいいでしょう。まずは部署異動やチーム異動を考えてみましょう。

部署異動やチーム異動することで、独り言が気持ち悪い人から離れることができます。異動を希望するのはタダなので、上司に申請をしてみましょう。

ただ、運やタイミングにもよるので、すぐに異動ができるわけではありません。そこは注意しておきましょう。

転職

我慢の限界まできているなら、転職も考えてみましょう。このままストレスを感じ続けるぐらいなら、さっさと転職して楽しく働いた方が時間の無駄になりません。

今では、転職は当たり前。むしろ、一度も転職していないのは損をしているような状態とも言えるでしょう。

これを機会に、一度試しに転職活動をしてみてはいかがでしょうか。

転勤で辞めるのはOK?【今の時代転勤で辞めるのはOKです】
転職活動の準備はこれだけはやっておこう!【転職経験者の私が解説】転職活動の準備をどうすればいいのか知りたいですか?本記事では実際の転職活動の経験を踏まえて、効果的な準備の解説をしています。転職活動を少しでも考えている方は、ぜひご覧ください。...
【転職活動がめんどくさい人必見!】効率の良い転職手順を解説!
【転職活動がめんどくさい人必見!】効率の良い転職手順を解説!転職活動がめんどくさいと思うときにどうすればいいのか知りたいですか?本記事では、転職活動がめんどくさい人のために効率的な転職を解説しています。転職活動がめんどくさいと思っている人はぜひご覧ください。...

よくある質問①:「キャリアの相談は誰にすればいいですか?」

これもよくある質問ですが、結論としてはキャリアのプロに相談しましょう。よく分からずに、身近な人に相談する人が多いですが無駄なので辞めましょう。

そもそも転職を経験している人や、自分のキャリアを真剣に考えている人なんて少ししかいません。そんな人たちに相談しても、反対されるか無難な回答が返ってくるだけです。

以下のサービスはキャリアのプロが無料で相談に乗ってくれます。相談は無料なので、それぞれ話を聞いて決めるのはありです。

おすすめキャリア支援サービス(相談無料)

ポジウィルキャリア|マンツーマンで転職活動を支援するコンサルティングサービス
※勢いのあるキャリア相談サービス。手厚いサポートが好評。

ニューキャリア|より自分を知るためのキャリア支援サービス
※柔軟な料金と期間設定で、気軽に受けることができる

マジキャリ|マンツーマンのキャリアコーチング
※転職エージェントのサービスもあり、豊富なキャリア知識からアドバイスを受けられる。

おすすめのキャリア支援サービス3選【不安なら早く相談すべき】
おすすめのキャリア支援サービス3選【不安なら早く相談すべき】どのキャリア支援サービスがいいのか知りたいですか?本記事では、キャリア支援サービスのおすすめを解説しています。キャリアに迷っている人はぜひご覧ください。...

よくある質問②:「いつから転職活動すればいいですか?」

「いつ転職活動は始めるべきか?」という相談もよくもらいますが、結論は「今すぐ」です。転職活動自体にリスクはないですし、行動しながら考えていけばOKです。

早めに転職エージェントに登録して、どんどん求人を紹介してもらうようにしましょう。転職エージェントに一度登録してしまえば、あとはメールを確認しつつ、興味ある案件に応募するだけです。

どの転職エージェントも登録は5分程度で終わりますので、是非この機会に行動してみましょう。

おすすめの転職エージェント(登録無料)

dodaの転職エージェント|求人の質が高く、量も多い
※こちらも大手転職エージェント。サイト内の転職人気企業ランキングが便利。

転職エージェントのパソナ|丁寧な対応に定評あり
※大手中堅の転職エージェント。面接対策などの丁寧な対応が好評。

最大手のリクルートエージェント|転職業界の実績No.1
※転職エージェント最大手で求人が豊富。転職初心者は登録しておきましょう。

20代におすすめの転職エージェント・転職サイト3選【早く動くべき】
20代におすすめの転職エージェント・転職サイト3選【早く動くべき】20代で登録しておくべき転職エージェントと転職サイトが知りたいですか?本記事では、実際に20代で転職した経験を踏まえて、おすすめの転職エージェントとサイトを紹介しています。20代で転職を考えている人はぜひご覧ください。...

まとめ:職場での独り言は気持ち悪いです

さて、今回は職場での独り言が気持ち悪い時の対処法を解説してきました。簡単に振り返っておきます。

まとめ

・独り言からは物理的に距離を置くのが一番
・独り言を言う人は特徴がある
・自分でできる対策は行おう
・どうしようもないなら環境を変えてもOK

 

職場で、独り言が多くて気持ち悪い人っていますよね。それだけならいいですが、他にもあなたに悪影響を及ぼします。

日常の小さなストレスも、積もり重なると取り返しのつかないことにもなりかねません。

ぜひこれを機会に、一歩を踏み出してみてください。

 

おすすめキャリア支援サービス(相談無料)

ポジウィルキャリア|マンツーマンで転職活動を支援するコンサルティングサービス
※勢いのあるキャリア相談サービス。手厚いサポートが好評。

ニューキャリア|より自分を知るためのキャリア支援サービス
※柔軟な料金と期間設定で、気軽に受けることができる

マジキャリ|マンツーマンのキャリアコーチング
※転職エージェントのサービスもあり、豊富なキャリア知識からアドバイスを受けられる。

おすすめの転職エージェント(登録無料)

dodaの転職エージェント|求人の質が高く、量も多い
※こちらも大手転職エージェント。サイト内の転職人気企業ランキングが便利。

転職エージェントのパソナ|丁寧な対応に定評あり
※大手中堅の転職エージェント。面接対策などの丁寧な対応が好評。

最大手のリクルートエージェント|転職業界の実績No.1
※転職エージェント最大手で求人が豊富。転職初心者は登録しておきましょう。

今回は以上!

職場の雰囲気が悪い時の対処法を解説!【悪いなら逃げてもOK】
職場の雰囲気が悪い時の対処法を解説!【悪いなら逃げてもOK】職場の雰囲気が悪い時に、どうすればいいのか知りたいですか?本記事では、実体験に基づいて職場の雰囲気が悪い時の対処法を解説しています。職場の雰囲気が悪くうんざりしている人は、ぜひご覧ください。...
ABOUT ME
マックス
理系大学院➡︎IT系大企業➡︎5%の優秀評価➡︎燃え尽きうつ病➡︎起業で月間売り上げ400万円➡︎新規事業失敗➡︎自己破産➡︎AI系ベンチャーに転職➡︎新規事業責任者とよく分からない人生を送っています。 当ブログでは私が人生で学んできたことを踏まえて、主に若手サラリーマンのキャリアや人生に役に立つ情報を発信していきます。 ▼詳しいプロフィールは こちら ▼お仕事の依頼やキャリア相談などは こちら
メルマガ登録