EMPLOYMENT

転勤のメリットとデメリットはこれです【元転勤族の私が解説】

転勤のメリットとデメリットをこれ!【元転勤族の私が解説】
転勤に悩む人
転勤に悩む人

転勤の可能性が出てきたんだけど、転勤あまりしたくないなあ・・・
でもちゃんとメリットとデメリットがあるはずなので、それをまずは知りたい。それを踏まえて、転勤を避ける方法もあれば知りたい。

 

今回は、こんなお悩みにお答えしていきます。

本記事の内容

・【結論】転勤のメリットとデメリット一覧
・転勤を避けたい時の対処法【転職がベスト】
・転勤のメリットとデメリットをどれだけ許容できるか

 

転勤ってやること多いですし、そもそも転勤を受け入れるしかないのか不安になることも多いですよね。

私も4年間で2回も転勤しましたが、やはり大変なことが多かったなと思います。今では転職もして、転勤の心配もなく働けています。

なので、今回は転勤のメリットとデメリットを解説していきます。

 

前半では転勤のメリットとデメリットを解説しつつ、後半では転勤とどう付き合っていけばいいのかを解説していきます。

この記事を読み終えることで、転勤について悩む必要がなくなるはずです。

では、さっそくいきましょう!

【結論】転勤のメリットとデメリット一覧

【結論】転勤のメリットとデメリット一覧はこれ

結論から言うと、転勤のメリットとデメリットは以下の通りです。

 

転勤のメリット

・全てをリセットできる

・新しい仕事に挑戦できる

・社内の人脈が広がる

 

転勤のデメリット

・引っ越しや新しい仕事でコストがかかる

・ライフプランが不透明

・希望部署とは限らない

転勤のメリット

転勤のメリットについて、それぞれ解説していきます。

1. 全てをリセットできる

心機一転、全てをリセットして仕事をできるのはメリットです。

  • 職場の人間関係
  • 仕事内容
  • 住む場所

もし今の職場が好きなのであれば逆にデメリットになるかもしれませんが、今の職場が苦手な人にとってはメリットと言えます。

2. 新しい仕事に挑戦できる

転勤ということは、今までとは違った部署に配属されるケースが多いはずです。ずっと同じ仕事をしていてもマンネリ化してしまうので、今までとは違った新しい仕事に挑戦できるのはメリットと言えます。

自分の興味のある分野であったり、将来のキャリアに活かせそうな仕事内容であれば、転勤がプラスに働きますよね。

お金をもらいながら、自分の役に立つスキルを習得できるのは、やはり会社員の良いところですね。

3. 社内の人脈が広がる

もし社内で出世していきたいのであれば、やはり社内政治のようなものはどうしても必要になってきます。

そんな中で、転勤によって人脈が広がるのはメリットと言えます。ずっと同じ場所で働いていては、やり取りをする相手も同じになることが多いですからね。

社内で味方を作っておくと出世に関係するだけでなく、仕事もスムーズに進めることができます。

転勤のデメリット

ここからは、逆に転勤のデメリットを解説していきます。

1. 引っ越しや仕事でコストがかかる

やはり転勤は引っ越しして仕事も新しくなるわけですから、時間やお金、労力などのコストが非常にかかります。

ざっと考えられる範囲でも

  • 新しい賃貸の契約と、今の賃貸の解約手続き
  • 住民票や免許証などの変更手続き
  • 引っ越し業者の手配
  • 業務の引き継ぎ
  • 送別会や歓迎会の準備

はやっておく必要がありますよね。

 

お金は会社からの補助も出るところがありますが、自分の時間や労力は使っていくことになります。そうなると、どうしてもコストがかさむのでデメリットと言えます。

引っ越しなどの手続きもしなくてはいけないですし、そのあとは新しい部署に馴染むのにも苦労するものです。

もし転勤をするとなった場合は、どうしてもお金や時間などの労力はかかることを覚えておきましょう。

2. ライフプランが不透明

転勤はいつ言われるのかも分からないですし、どこに転勤になるのかもその時までわかりません。そうなると、自分のライフプランを設計するのが難しくなります。

  • マンションや一軒家はいつどこに買うのか
  • 恋人や奥さんとはどこに住みたいのか
  • 子供をどこで育てたいのか

いつどこで働くのか不透明だと、こういったライフプランが立てにくいですよね。いつでもどこでも転勤の可能性があるわけですから。

3. 希望部署とは限らない

転勤だと働く場所が変わるわけですが、それに伴って部署が変わることにもなります。もちろんある程度の希望は聞いてくれますが、基本的にはどこの部署にいくのかも分かりませんよね。

運よく自分の興味のある部署や行きたかった部署ならいいですが、まったく興味のない部署や行きたくない部署に配属されることもあります。

そうなると、転勤は本当にガチャガチャみたいな感じなので、運に左右されることが多いです。

転勤を避けたい時の対処法【転職がベスト】

転勤を避けたい時の対処法【転職がベスト】

転勤のメリットとデメリットを解説してきましたが

転勤に悩む人
転勤に悩む人

よく考えたら、やっぱり転勤って大変だからしたくないな・・・。でもどうしたらいいんだろう。

と思うひともいますよね。なので、ここからは転勤をなんとか回避する方法について解説していきます。

自分の意見は伝えること

意外と言っていない人が多いのですが、転勤がイヤならイヤでちゃんと人事か上司には伝えるようにしましょう。

転勤に悩む人
転勤に悩む人

でも、会社からの命令だし言っても変わらないんじゃ・・・
会社からの評価も下がりそうだし・・・

こう思うのはよく分かりますが、自分の意見を伝えるのはタダなのでやらない理由がありません。

 

理解のある人事や上司であれば素直に意見を受け止めてくれますし、そもそもそれで評価が下がるぐらいの会社であればさっさと転職した方がいいです。

私の友人や同僚も自分の意見を伝えて、転勤がなしになったケースを何個も見てきています。なので交渉次第では、覆せる可能性はあり得ます。

あまりに一方的な態度で揉めるような振る舞いはNGですが、自分の率直な意見を伝えることは問題ありません。ただ、「なんとなくイヤ」ではだめなので、ちゃんとした理由は用意しておくようにしましょう。

【注意】基本的に転勤は断れない

急に会社からの都合で言い渡される転勤ですが、基本的に断ることはできません。もちろん交渉することは可能ですが、会社の規約にも書いてあるので一方的に断るのは難しいです。

なので、転勤を言い渡された場合は、なすすべなく転勤に従うことになります。仕方ないですが、これが現実です。

どれだけ「転勤が嫌だ」と思っても、会社から命令された場合は即座に対応しなければなりません。これは念頭に置いておきましょう。

転勤よりも転職がベスト

なので正直なところ、転勤を避けたいのであれば転職するしかありません。

転勤も実際にやっていることは転職に近いです。であれば、転職の方が自分でコントロールできる範囲が広いのでベストな選択肢です。

将来性、年収、働き方などを自分でコントロールできます。転勤だとここら辺がコントロールできないのが厳しいんですよね。

 

「いつ転職活動は始めるべきか?」という相談もよくもらいますが、結論は「今すぐ」です。転職活動自体にリスクはないですし、行動しながら考えていけばOKです。

早めに転職エージェントに登録して、どんどん求人を紹介してもらうようにしましょう。転職エージェントに一度登録してしまえば、あとはメールを確認しつつ、興味ある案件に応募するだけです。

どの転職エージェントも登録は5分程度で終わりますので、是非この機会に行動してみましょう。

おすすめの転職エージェント(登録無料)

dodaの転職エージェント|求人の質が高く、量も多い
※こちらも大手転職エージェント。サイト内の転職人気企業ランキングが便利。

転職エージェントのパソナ|丁寧な対応に定評あり
※大手中堅の転職エージェント。面接対策などの丁寧な対応が好評。

最大手のリクルートエージェント|転職業界の実績No.1
※転職エージェント最大手で求人が豊富。転職初心者は登録しておきましょう。

転勤で辞めるのはOK?【今の時代転勤で辞めるのはOKです】
転勤で辞めるのはOK?【今の時代転勤で辞めるのはOKです】転勤で会社を辞めるのがOKな理由を知りたいですか?本記事では、転勤で会社を辞めるのがOKな理由について解説しています。転勤で会社を辞める人はぜひご覧ください。...

転勤のメリットとデメリットをどれだけ許容できるか

転勤のメリットとデメリットをどれだけ許容できるか

基本的には転勤よりも転職をおすすめしますが、結局のところ転勤のメリットやデメリットをどこまで許容できるかが重要です。

転勤が嫌だと思うなら転職が正解!【転職して自分らしく働く】
転勤が嫌だと思うなら転職が正解!【転職して自分らしく働く】転勤が嫌だと思うときにどうしていいのか知りたいですか?本記事では、転勤が嫌だと思うときにどうすればいいのかを解説しています。転勤が嫌だと思うひとはぜひご覧ください。...

デメリットよりメリットが上回るのか

説明した通り、転勤にはメリットとデメリットがあります。ただ、そのメリットとデメリットの重さは人によって異なります。

つまり、「転勤のデメリットよりもメリットの方が大きいなあ」と思う人もいれば、「転勤のメリットよりもデメリットの方が大きいなあ」と思う人もいるわけです。

私はメリットよりもデメリットが大きいと考えたので、最終的には転職することにしました。

自分のライフステージやライフスタイルによる

あとは自分自身のライフステージや、ライフスタイルによっても転職するかどうかは考えるべきでしょう。

若いうちは転勤で色々な経験をするのもいいですが、やはり結婚したり子供ができると転勤はかなりのストレスになります。

自分のライフスタイルも関係していくので、考えるようにします。そもそも色々な場所に住むのが好きなら転勤は向いていますし、時間を無駄にせずに他のことに時間を使いたいのであれば転勤は向いていないでしょう。

まとめ:転勤のメリットを踏まえて考えよう

さて、今回は転勤のメリットとデメリットを解説してきました。簡単に振り返っておきます。

まとめ

・転勤のメリットとデメリットを考える
・デメリットの方が大きく感じるなら早く転職すべき
・転勤はお金や時間が奪われる

 

転勤ってメリットもありますが、やはりデメリットの方が大きいのが一般的ではないでしょうか。時間もお金も結構かかりますからね。

しかも、転勤は「いつ」「どこに」飛ばされるのかも分からないので、正直運ゲーとしか言いようがありません、

転勤に振り回されるぐらいなら、積極的に転職を考えてみてください。

 

おすすめの転職エージェント(登録無料)

doda転職エージェント|求人の質が高く、量も多い
※こちらも大手転職エージェント。サイト内の転職人気企業ランキングが便利。

転職エージェントのパソナ|丁寧な対応に定評あり
※大手中堅の転職エージェント。面接対策などの丁寧な対応が好評。

最大手のリクルートエージェント|転職業界の実績No.1
※転職エージェント最大手で求人が豊富。転職初心者は登録しておきましょう。

今回は以上!

 

おすすめのキャリア支援サービス3選【不安なら早く相談すべき】
おすすめのキャリア支援サービス3選【不安なら早く相談すべき】どのキャリア支援サービスがいいのか知りたいですか?本記事では、キャリア支援サービスのおすすめを解説しています。キャリアに迷っている人はぜひご覧ください。...
20代におすすめの転職エージェント・転職サイト3選【早く動くべき】
20代におすすめの転職エージェント・転職サイト3選【早く動くべき】20代で登録しておくべき転職エージェントと転職サイトが知りたいですか?本記事では、実際に20代で転職した経験を踏まえて、おすすめの転職エージェントとサイトを紹介しています。20代で転職を考えている人はぜひご覧ください。...
ABOUT ME
マックス
マックス
理系大学院➡︎IT系大企業➡︎5%の優秀評価➡︎燃え尽きうつ病➡︎起業で月間売り上げ400万円➡︎新規事業失敗➡︎AI系ベンチャーに転職➡︎マネージャーとよく分からない人生を送っています。 当ブログでは私が人生で学んできたことを踏まえて、主に若手サラリーマンのキャリアや人生に役に立つ情報を発信していきます。 ▼詳しいプロフィールは こちら ▼お仕事の依頼やキャリア相談などは こちら