CAREER CHANGE

転職面接の合格フラグやサインは勘違い!【気にしないでください】

大企業病への対策【脱却する】
komatta_man

「転職面接の評価がよかったのかどうか知りたい」

「合格フラグやサインってあるのか気になる」

 

今回はこんなお悩みにお答えしていきます。

【この記事を書いた人】
転職の面接後に気になるのは、もちろん面接結果ですよね。しかし、面接の結果はすぐに出ないところも多いです。

「いい感じだったけど、本当に評価されているのかが不安・・・」と結果がくるまで待っているのもしんどいです。そこで面接の合格フラグやサインが本当にあれば、前もって知っておきたいですよね。

前半では転職面接で合格フラグやサインと言われるものについて解説しつつ、後半では実際の転職活動を通しての合格フラグやサインの信憑性について解説していきます。

この記事を読み終えることで、転職面接での合格フラグやサインなどに惑わされることはなくなるはずです。

では、さっそくいきましょう!

転職面接の合格フラグやサインと言われるもの

よく合格フラグやサインと言われますが、具体的にはどんなものなのかを解説していきます。

一般的に合格フラグやサインと思われていることは何かを、マイナビがアンケートを取ってまとめていますので紹介します。

出典:マイナビ転職

確かにどれも合格フラグやサインと感じそうなものばかりですね。すでに面接に進んでいる方は、なんとなく共感できるのではないでしょうか。

では、それぞれの内容について解説していきます。

1.最短入社可能日を聞かれる

最短入社可能日を聞かれると、確かに「入社を前提に考えているのかな」と思いますよね。面接官が、入社を見据えて入社日を聞いている可能性もあります。

「絶対にこの人は採用しない」と思っている人に、入社可能日を聞くのは無駄だと思うのが普通ですよね。

2.面接官から職務内容や勤務地など実際の勤務を見据えた説明や質問がある

これも上記と同じで、入社を見据えたような内容だからということですね。より具体的に入社を検討しているような質問だと、確かに評価されている印象を受けます。

3.面接官が入社するメリットや自社の魅力をたくさん話してくれる

これは面接官側が会社のアピールをしている時ですね。会社側がわざわざアピールをするということは、確かに自分が評価されていて、採用したいという意図に思えます。

4.面接官に「向いている」「社風に合っている」というようなことを言われる

「向いている」「社風に合っている」などの言葉は、割とストレートに好感触を感じられるものですよね。

「合っているから、うちにきて欲しい」というニュアンスに捕らえられます。

5.面接時間が長い

面接時間が長引くケースも、自分に興味があるように思えます。「もっとあなたのことを知りたいから質問させて欲しい」といったニュアンスを感じます。

6.面接官がたくさんメモを取っている

基本的にはパソコンを使っている人が多いですが、面接中にカタカタとメモを取っているケースがあります。

その際は、自分に関する情報をしっかりとまとめて、次の面接官に伝えようとしているのだという印象を受けますよね。

7.志望動機を聞かれるなど、面接官からの質問が多い

志望動機は聞かれることが多いと思いますが、その他の質問も面接官からガツガツ聞かれると、自分に興味をもっているといった印象を受けます。

あまり質問されずに、面接官が何を質問しようかなと迷っている感じよりかは、自分に興味がもってもらえている印象を受けますよね。

8.次の選考フローの説明やアドバイスがある

次の選考フローの説明やアドバイスがあると、既に次の選考を見据えてるのかなといった印象を受けます。

確かに「次は二次面接です」とか「一次面接のフィードバックはこれで」と言っていくれるケースも多いです。次回に関する説明やアドバイスだと、次回に行ってほしいといった面接官からの気持ちが感じられます。

9.面接官がプライベートな話をしてくる

面接官がプライベートな話をしてくれると、自分との信頼関係を作ろうとしていたり、特別感がある印象を受けます。

大手企業だとなかなかないと思いますが、ベンチャーとかだと自分の名前で検索されて、Facebookやツイッターなどから話を広げられることもありました。

10.他社の選考状況を聞かれた

他社の現在の選考状況を聞かれるケースもよくあります。面接官によっては、具体的な企業名と何次面接までいっているのかを聞かれることもあります。

欲しい人材であれば、他社選考よりも早く最終面接まで通したいように思えますよね。

転職面接の合格フラグやサインは本当?

reason

先ほど解説してきた合格フラグやサインについて、本当に意味のあるものなのでしょうか?ここでは自分の経験を踏まえて解説していきます。

結論からいいますが、正直「あまり関係ない」です。

企業や面接官によって異なるという回答になってしまいますが、少なくとも先ほどの内容が合格フラグやサインとして必ずしも有効だったなとは思いません。

上記の内容で合格フラグやサインがびんびん出ていた時でも、落とされるケースはたくさんありましたし、逆に上記の合格フラグやサインは全然なかったけど、内定をもらえたというケースもたくさんありました。

これは本当に人によります。単純にたくさん質問したい好奇心旺盛な面接官もいますし、大事なことだけ聞いて効率的に面接を終わらせたい面接官もいますし、時間をつぶすためにプライベートな話をする面接官もいます。

あとは選考の時は通過させようと考えていても、別の転職者の方が印象やスキルが高いと感じたというケースもあり得ます。

転職面接での、絶対的な合格フラグやサインはありません。中途面接の場合は運とタイミングも大切になってきます。

合格フラグやサインなどは気にせずに、しっかりと対策を行うことと、落ちたとしても次に活かすようにしていきましょう。

転職の面接結果は翌日?日数はどれぐらいかかるのか【気にしない方がいいです】転職の面接結果が翌日にこなくて不安ですか?本記事では体験談も踏まえながら、転職の面接結果がくる日数について解説しています。面接結果がなかなか来なくて不安な方や、どれぐらいの日数がかかるものなのか知りたい方は、ぜひこの記事をお読みください。...
転職の面接で緊張してうまく話せない場合のおすすめ対策3選!面接で緊張してしまう時の対策を知りたくないですか?本記事では人見知りな私でも、面接で緊張せずに話せるようになった方法について解説しています。どうしても緊張してしまう方はぜひご覧ください。...
転職の面接で聞かれることのランキング一覧【これだけは押さえておきましょう】転職での面接で聞かれることが知りたいですか?50社以上の応募をしてきた体験を踏まえて、面接で聞かれる質問をランキング形式で解説しています。これからの面接が不安、何を聞かれるのかで対策したいという方はこちらの記事をお読みください。...

 

今回は以上!

ABOUT ME
マックス
マックス
理系大学院➡︎IT系大企業➡︎5%の優秀評価➡︎燃え尽きうつ病➡︎起業で月売り上げ400万円➡︎新規事業失敗、借金➡︎AI系ベンチャーに転職とよく分からない人生を送っています。 当ブログでは私が人生で学んできたことを踏まえて、主に若手サラリーマンの役に立つ情報を発信していきます。