CAREER CHANGE

ベンチャー企業の面接でのポイントを解説!【少し異なります】

悩む人
悩む人

ベンチャー企業を応募したけど、面接の対策をどうすればいいのか困っている。
ベンチャー企業の面接の特徴や対策が知りたい。

今回はこんなお悩みにお答えしていきます。

本記事の内容

・ベンチャー企業の面接の特徴【独特】
・ベンチャー企業の面接でよく聞かれる質問を厳選
・ベンチャー企業の面接のポイント【ここは押さえる】

【この記事を書いた人】

最近では、新卒でもベンチャー企業に就職をする人が増えてきました。

世の中の流れが変わってきて、大企業よりもベンチャーで自立したスキルを身に付けたい人が増えているようですね。

ただ、大企業とベンチャー企業では少し色が違ってきます。今回はベンチャー企業の面接をずっと受けてきた私が、ベンチャー企業の面接のポイントを解説していきます。

前半ではベンチャー企業の面接の特徴を解説しつつ、後半ではベンチャー企業のポイントを解説していきます。

この記事を読み終えることで、ベンチャー企業への面接対策がしっかりとでき、面接通過の確率が上がるはずです。

では、さっそくいきましょう!

search
【ベンチャーへの転職が失敗する前に】情報や求人の探し方を解説!ベンチャーへの転職で失敗しないための検索方法を知りたいですか?本記事ではベンチャー企業への転職で失敗しないための、情報収集について詳しく解説しています。ベンチャーに転職を考えられている方や、失敗したくない方はぜひお読みください。...

ベンチャー企業の面接の特徴【独特】

まずは、ベンチャー企業の面接の特徴を解説していきます。

フランクな雰囲気

スーツで行って会議室に通されて広いテーブルの対面でかっちりと面接する、というのがイメージする大企業の面接かと思います。

ベンチャー企業では、フランクな雰囲気で面接を行うことが多いです。

面接官もスーツでなく私服かビジネスカジュアルな場合がほとんどですし、転職者も私服OKなところがほとんどです。

かっちりして面接っぽいというよりかは、面談といった方がしっくりくるかもしれません。

形式に沿った報告も求められていないケースが多いので、面接中にずっとパソコンを叩いているということもありません。

オープンスペースで面接

ベンチャー企業だと、密閉空間の会議室や面接ルームがないケースも多くあります。なので、共有スペースや密閉空間でない場所で面接があります。

ずっと密閉空間での面接になれていると、少し大きな声で話すのが恥ずかしくなるかもしれません。周りで社員の人がテレビ会議をしていることもあります。

実際に働いている人や、職場の雰囲気はとてもつかみやすいです。

面接官が若い

一次面接などは現場社員や人事の方が来るケースが多いですが、やはり若い方が多いです。業界や企業にもよりますが、基本的には20代〜30代前半がほとんどです。

さらには、社長の方がもっと若かったなんてこともありますよ。

役員や社長がすぐ出てくる

面接の早い段階で、役員や社長が出てくることが多いです。

大企業だと社長が面接をするなんてことはないですが、ベンチャーの場合は人が少ないこともあるので、すぐに役員の方との面接があります。

早いところだと一次面接(役員)→最終面接(社長)といったこともたくさんあります。

知らずに行くとびっくりするかもしれないので、そこは頭に入れておきましょう。

変わった内容の面接

普通の面接とは少し違った内容の場合もあります。

例えば

  • うちの売上を上げるために、あなたなら具体的に何する?
  • 日本の小中学校の数を推定してみて
  • youtuberに憧れる子供を見てどう思う?

などですね。ちなみに、これは私が実際に体験した面接の内容です。

エンジニアの場合は、「ここでコード書いてみて」と言われることもあります。

これは対策しようがないですし、企業によってもだいぶ異なるので、こんな変わった面接もあるということだけ頭に入れておきましょう。

mensetu
転職での中途面接のコツとは?【50社以上受けた実体験を踏まえて】転職での中途面接のコツを知りたいですか?本記事では50社以上応募してきた転職活動の経験を踏まえて、転職での中途面接のコツを詳しく解説しています。転職の中途面接がなかなか通らない方や、コツを知りたい方はぜひご覧ください。...

ベンチャー企業の面接でよく聞かれる質問を厳選

では特徴を踏まえた上で、どんな質問をされる場合が多いのでしょうか?ここからはベンチャー企業でよく聞かれる質問について解説していきます。

面接の全般的な質問については、別の記事で詳しく解説していますのでご覧ください。

転職の面接で聞かれることのランキング一覧【これだけは押さえておきましょう】転職での面接で聞かれることが知りたいですか?50社以上の応募をしてきた体験を踏まえて、面接で聞かれる質問をランキング形式で解説しています。これからの面接が不安、何を聞かれるのかで対策したいという方はこちらの記事をお読みください。...

軸や価値観は何か

直接的に「あなたの価値観は何ですか?」と聞かれることは少ないですが、価値観を理解しようとする質問が多いです。

スキルや経験はもちろんですが、ベンチャー企業の場合は価値観が合うのかを重視して評価する傾向にあります。

例えば

  • 転職の軸は何か?
  • 就職の時の軸と変わったのか?
  • 最終的に内定を決める判断はどこか?
  • どんな仕事をしている時が楽しいか?

などですね。

どういった価値観のもとで行動をしているのかを見ています。ベンチャー企業は少しカルチャーが独特なので、それにちゃんとフィットするかということですね。

特に大企業出身の人だとギャップを感じるケースが多いので、価値観を深掘りしてくわしく聞く場合があります。

理念に共感しているのか

企業理念に共感しているかどうかの質問をされることも多いです。

  • 企業理念を知っているのか?
  • 共感したならなぜそう思ったのか?

と聞かれることもあります。

先ほども書きましたけど、ベンチャー企業は自社のカルチャーに合うかなどを重視して考えています。

そこで分かりやすいのは企業の理念やビジョンですね。ここにフィットしたり共感してなければ、たとえスキルや経験がある人でも落とされる可能性があります。

なぜベンチャー企業なのか

これは転職理由や志望動機に近いですが、そもそも数ある企業のなかでなぜベンチャー企業に行きたいのかを聞かれることがあります。

特に大企業の出身だと、ここは純粋に聞かれることが多いです。

面接官
面接官

給料も高く安定している大企業を捨ててまで、なぜベンチャー企業に行きたいのかな?

と普通の面接官であれば疑問に思うはずです。

給料やブランドや安定を捨ててくるわけですから、それ相応の何か覚悟があるのかと思います。ここがほんわりとしていると、「何となくベンチャーも受けてみたのかな?」と思われても仕方ありません。

なぜベンチャー企業に転職したいのかは明確にしておきましょう。

ベンチャー企業の面接のポイント【ここは押さえる】

最後のまとめとして、ベンチャー企業の面接でのポイントを解説していきます。ここのポイントは必ず押さえて面接に挑むようにしましょう。

固くなりすぎない

ずっと働いてきた中で、ちょっとお固い雰囲気になれてしまっているかもしれませんが、できる限りリラックスしてフランクな感じでいけるようにしておきましょう。

ここはバランスが難しいです。フランクすぎても失礼な人ですし、固くなりすぎても社風に合わないかもと思われてしまう可能性もあります。

体制なども整っていないベンチャー企業が多いので、大企業と比べると社内の雰囲気もフランクな感じのところが多いです。

面接で固くなりすぎても、社風に慣れることができるのか不安になってしまいます。

固くなりすぎずフランクになりすぎず、バランスを保とう!

どうしても緊張して固くなってしまう方は、別の記事で解説していますので読んでみてください。

転職の面接で緊張してうまく話せない場合のおすすめ対策3選!面接で緊張してしまう時の対策を知りたくないですか?本記事では人見知りな私でも、面接で緊張せずに話せるようになった方法について解説しています。どうしても緊張してしまう方はぜひご覧ください。...

自分の価値観や理念を明確に

もちろん、ベンチャー企業でもスキルや経験をしっかりと見ますが、人物面も同じぐらいしっかりと見ています。

先ほども書きましたが、ベンチャー企業は少数精鋭で活動しており自社のカルチャーにフィットするかを重視しています。カルチャーにフィットしない人を丁寧にフォローできるほどの余裕はありません。

スキルや経験は得ていくことができますが、根本の価値観などが合わないとどうしようもありません。

自分の軸や価値観を明確にしよう!

自分の軸や価値観がなかなか明確にできないなら、まずは自己分析サービスを使ってみましょう。リクナビNEXTのグッドポイント診断は無料でできますし、わかりやすくておすすめです。

深掘りに対する対策

先ほどの話につながりますが、根本的な人物面を知るためにかなり深掘りされることが多いです。

  1. 価値観は〜です。
  2. なぜその価値観だと思ったのか?
  3. 〜だからです。
  4. そう考えたきっかけとなる出来事はあるのか?

みたいな感じですね。

ベンチャー企業では自分の軸がしっかりとあって、カルチャーと合う人を採用したがる傾向にありますので、そこを深掘りして根本的な部分を理解します。

自分で深掘りをして根本的な理解をしておこう!

ベンチャー企業の面接でのポイントを解説!【少し異なります】のまとめ

今回は、ベンチャー企業独特の面接のポイントについて解説してきました。簡単に振り返っておきます。

まとめ

・ベンチャー独自の面接の雰囲気がある
・事前に知っておくことで有利に面接を進めよう
・理念やカルチャーフィットはかなり見られる
・軸がある回答ができるかがカギ

ベンチャー企業の面接は、大企業などの面接とは少し違った内容になっています。知らないとびっくりすることもあるので、事前に把握しておくようにしておきましょう。

そして一番大切なのは、しっかりと自分を分析して明確な目標や軸を持っておくことです。

ベンチャーの面接は他のところよりも根本的なところ深掘りされます。付け焼き刃みたいな感じだと、面接官に見破られてしまいますので気をつけましょう。

しっかりと対策を行って、希望している企業から内定をもらえるようにしていきましょう。

自己分析や対策するのが不安なら転職エージェントには登録しておきましょう。最後に初めて転職するのにおすすめの転職エージェントを載せておきます。

doda転職エージェント|求人の質が高く、量も多い
※こちらも大手転職エージェント。サイト内の転職人気企業ランキングが便利。

最大手のリクルートエージェント|転職業界の実績No.1
※転職エージェント最大手で求人が豊富。転職初心者は登録しておきましょう。

大企業からベンチャーに転職した方法と体験談
大企業からベンチャーに転職した体験談と方法を解説!【勇気が大事】大企業からベンチャーに転職した体験談や方法を知りたいですか?本記事では実際の体験を踏まえて、大企業からベンチャーに転職した感想や方法を解説しています。大企業からベンチャーに転職を考えている方や、ベンチャーに興味がある方はぜひご覧ください。...
faq
中途採用面接で使える逆質問5選【これだけ抑えておけば大丈夫です】面接での有効な逆質問について知りたいですか?本記事では体験談を踏まえて、有効な逆質問について具体的に解説しています。面接での逆質問をどうしていいのか困っている方は是非お読みください。...

今回は以上!

ABOUT ME
マックス
マックス
理系大学院➡︎IT系大企業➡︎5%の優秀評価➡︎燃え尽きうつ病➡︎起業で月売り上げ400万円➡︎新規事業失敗、借金➡︎AI系ベンチャーに転職とよく分からない人生を送っています。 当ブログでは私が人生で学んできたことを踏まえて、主に若手サラリーマンの役に立つ情報を発信していきます。