CAREER CHANGE

ベンチャー企業はやめとけ!?【一概には絶対に言えないという話】

ベンチャー企業はやめとけ!?【一概にはそうも言えない話】
悩む人
悩む人

ベンチャーに興味があるんだけど、みんなにやめとけって言われる・・・
本当にベンチャーはやめておいた方がいいのかを知りたい。

今回はこんな悩みにお答えしていきます。

“本記事の内容”

・ベンチャー企業もピンキリ【ちゃんと選べば問題ない】
・ベンチャー企業をやめとけと言われる理由
・意見は経験者に聞かないと意味がない

【この記事を書いた人】

ベンチャー企業に転職すると話すと、周りから反対ばかりされますよね。

  • 不安定
  • ベンチャーの仕事は辛い
  • 学歴がもったいない
  • 転職なんて甘くない
  • 転職先でうまくやっていけるのか

などなど、おそらくたくさんの人からたくさんの反対意見をもらうでしょう。

私もそうでした。以前は大企業で働いていたので、ベンチャーに転職を考えていることを周りに話したら、ほとんどの人から反対されました。

まあ努力して良い会社に入ったのに、なんでわざわざって感じですよね。

確かにベンチャーは不安定なところもありますし、他にもデメリットなどもあります。

ですが、それはどんな企業で働くにも同じことです。

周りからの意見に流されて、新しいキャリアを踏み出すのをやめてしまうのはもったいないです。

なので、今回はベンチャーに転職はやめといた方がいいのかどうかについて解説していきます。

この記事を読み終えることで、ベンチャー企業に転職していいものなのかどうかがわかるようになるはずです。

では、さっそくいきましょう!

ベンチャー企業もピンキリ【ちゃんと選べば問題ない】

ベンチャー企業もピンキリ【ちゃんと選べば問題ない】

ベンチャーはやめとけと言われるかもしれませんが、そもそもベンチャー企業でもピンキリです。

なので、結論としては「自分に合ったところを選べれば、ベンチャー企業に転職はあり」です。

それぞれの特色がある

一概に「ベンチャー企業」と言っても様々な色の企業があります。

イメージ通りのゴリゴリのベンチャー企業もあれば、落ち着いていてホワイト企業みたいなベンチャー企業もあります。

実際に私の働いている企業では、残業も少ないですし、ベンチャー企業とは思えないほど福利厚生も充実しています。

自分に合う企業は選ばないといけない

先ほども書いた通り、ベンチャー企業と言ってもそれぞれ違ってきます。

大切なのは、ベンチャー企業だからやめとけという話でなく、転職しようとしている企業が自分に合っているのかどうかです。

なので、一概にベンチャー企業だからやめとこうかと思うのも、少しもったいない話です。

その代わり、自分に合うかどうかはシビアに判断していく必要があります。合わないとお互いに不幸になってしまいますからね。

ベンチャーに転職は全然あり

なので、別にベンチャー企業に転職するのは全然ありです。

私も実際に転職してすごく楽しく仕事できていますし、他にベンチャーに行った友人も楽しそうにしています。

ただ、何も考えずに転職するのはよくありません。ベンチャー企業にはベンチャー企業のクセみたいなものがあります。

別の記事でまとめていますので、しっかりとベンチャー企業の特徴などについては把握しておくようにしましょう。

将来の不安を解決する方法【若手向け】
ベンチャーのメリットとデメリットをベンチャー勤務の私が解説!ベンチャーのメリットとデメリットを知りたいですか?本記事では実際に働いている経験を踏まえて、ベンチャーのメリットとデメリットを解説しつつ、転職に成功した方法についても解説しています。ベンチャーに興味がある方や、転職を考えられている方はぜひご覧ください。...

ベンチャーをやめとけと言われる理由

ベンチャーをやめとけと言われる理由

ベンチャー企業をやめとけと言われる理由も、同じようなものが多いです。それぞれどんなん理由が言われるのかを解説していきます。

不安定そう

意見を言う人
意見を言う人

ベンチャー企業は不安定だからやめておいた方がいいよ。いつ倒産するかも分からないし、自分の将来が保証されないよ。

昔までは、確かにベンチャーは不安定とことがネックになっていたかもしれません。しかし、今の時代大企業だからといって安定というわけでもなくなっています。

安定と言われていた大企業でも、人員削減であったり倒産していくことも増えてきています。

移り変わりの速い現代に、適応できない企業は大企業であっても衰退していきます。そんな中でベンチャーだから不安定と決めつけるのも不思議な話です。

過酷な労働環境でついていけなさそう

意見を言う人
意見を言う人

ベンチャー企業だと、残業も多くて大変だよ。ずっと仕事だけに追われるのはしんどいと思う。

確かにスタートアップのフェーズだと、売り上げを確立させるのが最優先なので、残業時間が多くなることが多いです。

ただ、それも企業ごとによって違います。効率を重視しているところもあれば、ゴリゴリに働く時間を重視しているベンチャー企業もあります。

そこは見極めていく必要がありますが、残業時間などを気にする場合はできるだけ成長してきたベンチャー企業を選びましょう。

数名程度のフェーズだと闇雲に働くしかありません。ただ、数十名ぐらいのフェーズになってくるとある程度の余裕もでてきます。

そのフェーズの企業だと、残業時間を自分でコントロールできるようになってくるところも多いです。

上場を目指しているなら、そこの労働環境って見られるので気にすることもあります。

ベンチャーでついていけない人とついていける人の特徴
ベンチャーでついていけない人の特徴とは?【怯えすぎです】ベンチャー企業についていけない人の特徴が知りたいですか?本記事では、実際のベンチャーで働いていく中の経験を踏まえながら、ベンチャーでついていけない人の特徴を解説しています。ベンチャーに興味がある方はぜひご覧ください。...

次の転職が大変そう

意見を言う人
意見を言う人

ベンチャー企業に転職したとしても、もしまた転職する時に大変そうじゃない?ブランド力もないから、書類審査で落ちそうだよ。

これは半分本当で半分ウソです。

確かに大企業の経歴があると、書類審査では有利になるでしょう。

ただ、大切なのは実績です。どれだけの大企業に勤めていようが、実績を残していなければ面接で評価されることはありません。

逆にベンチャー企業でも、実績を残していれば、転職も問題なく進めることができます。

どの企業にどれだけ在籍していたのかを気にする人が多いですが、最終的に大事になってくるポイントは実績です。

ここら辺の話は、北野さん書籍の「転職の思考法」がとてもためになるので、読んでおきましょう。

「転職の思考法」を読んだまとめ【転職する前に読みましょう】転職活動を始める前に必読の「転職の思考法」を知っていますか?本記事では書籍「転職の思考法」を読んで、自身の転職活動経験も踏まえながら解説しています。これから転職活動を考えている方はもちろん、転職を考えていない方も、ぜひこの記事をお読みください。...

意見は経験者に聞かないと意味がない

経験者に聞かないと意味がない

そもそもですが、誰から「ベンチャー企業はやめとけ」と言われているのでしょうか?

ベンチャー企業に詳しい人なのか

よく、そういったキャリアや転職の相談をする相手として

  • 両親
  • 友人
  • 恋人
  • 上司

などが挙げられます。

でも、その意見をくれる人たちって転職の経験があるのでしょうか?ベンチャー企業に勤務した経験があったり、ベンチャー界隈に詳しいのでしょうか?

「Yes」であれば、そのアドバイスはちゃんと聞くようにした方がいいです。ただ、「No」であれば、あまり真に受ける必要もありません。

転職を上司に相談するのは的外れ!【適切な人に相談しましょう】転職を上司に相談すべきでない理由を知りたいですか?本記事では上司に転職の相談をすべきでない理由を解説しつつ、誰に相談すべきなのかを解説しています。転職の相談を上司にすべきか迷っている方や、誰に相談していいのか困っている方はぜひご覧ください。...

どんな人でも未経験は分からない

どんなに凄い人でも、経験したことないものに対して的確なアドバイスをすることはできません。

例え他のことが凄かったにしても、未経験のことは分かりません。

プロのテニスプレーヤーにバスケのコツを聞いても、適当なことを言われるだけですよね。それと一緒です。

なので、転職やベンチャー企業に勤めた経験のある人以外の意見は鵜呑みにする必要はありません。

専門のサービスを使ってもいい

転職やベンチャー企業についての意見を聞きたいなら、必ず経験者の人に聞くようにしましょう。それが難しければ、外部のサービスをうまく使ってもいいです。

そうだんドットミー というサービスは、利害関係なくキャリア形成のプロがアドバイスをしてくれます。

転職はかなり大きなイベントなので、専門家から意見をもらっておいた方が損はしません。

ポジウィルのそうだんドットミーについての口コミ評判まとめ!キャリア相談のそうだんドットミーについて知りたいですか?本記事では、ポジウィル株式会社の提供している「そうだんドットミー」というサービスについて、口コミなどをまとめて解説しています。本気のキャリア相談にのってほしい方は、ぜひお読みください。...

それか、転職エージェントに聞いてみてもいいでしょう。おすすめの転職エージェントを載せておきます。

ベンチャー企業に転職する時におすすめのエージェント(登録無料)

最大手のリクルートエージェント|転職業界の実績No.1
※転職エージェント最大手で求人が豊富。転職初心者は登録しておきましょう。

doda転職エージェント|求人の質が高く、量も多い
※こちらも大手転職エージェント。サイト内の転職人気企業ランキングが便利。

まとめ:きちんと実情を理解する

さて、今回はベンチャーはやめていた方がいいのかをいう解説をしてきました。簡単に振り返っておきます。

“まとめ”

・ベンチャー企業といってもピンキリ
・ベンチャー企業に転職すること自体は全然あり
・自分に合う企業は必ずある
・「ベンチャー企業はやめとけ」と言う人は適当に言っている事が多い
・きちんと経験者に意見を聞くようにしよう

ベンチャー企業にわざわざ行くということは、不安になることも多いかと思います。

ですが、必要以上に怖がる必要もありません。そもそも知らないのに、適当に意見を言っている人が多いからです。

意見を聞くのであれば、必ず経験者や専門家に聞くようにしましょう。それ以外の声に耳を傾けてもあまり意味がありません。

ただ、ベンチャー企業にも独特のクセはあります。しっかりと実情を把握して、明るいキャリの一歩を進んでいきましょう。

今回は以上!

ベンチャーでついていけない人とついていける人の特徴
ベンチャーでついていけない人の特徴とは?【怯えすぎです】ベンチャー企業についていけない人の特徴が知りたいですか?本記事では、実際のベンチャーで働いていく中の経験を踏まえながら、ベンチャーでついていけない人の特徴を解説しています。ベンチャーに興味がある方はぜひご覧ください。...
ABOUT ME
マックス
マックス
理系大学院➡︎IT系大企業➡︎5%の優秀評価➡︎燃え尽きうつ病➡︎起業で月売り上げ400万円➡︎新規事業失敗、借金➡︎AI系ベンチャーに転職とよく分からない人生を送っています。 当ブログでは私が人生で学んできたことを踏まえて、主に若手サラリーマンの役に立つ情報を発信していきます。