CAREER CHANGE

Wantedly Visitを使った体験談を解説【ビジネスSNS】

wantedly visit
businessman_question

「ベンチャーに転職を考えているんだけど、どんなサービスを使えばいいのかなあ・・・」

「Wantedly visitって名前は聞くけど、実際のところどうなんだろう?」

 

今回はこんなお悩みにお答えしていきます。

【この記事を書いた人】

今回は、ベンチャー企業に転職したい方がよく使われている「Wantedly Visit」について紹介していきます。

実際に私もこのサービスを使ってきて、たくさんの企業とお会いさせていただきましたし、ありがたいことに何個か内定をいただくこともできました。

この記事を読むことで、ベンチャーに転職を考えているなら登録必須と言っても過言でない「Wantedly」の使い方や実際の内容を理解できます。

いざベンチャー企業に転職を考えていても、ベンチャー企業の情報ってなかなか探しても出てこないですし、転職エージェントも詳しく知らないケースが多いので、どんな感じなのか不安になりますよね。

こんな時に割と役に立ったのが「Wantedly Visit」ですので、さっそく紹介していきます。

Wantedly Visitとは?

「Wantedly Visit」とは、株式会社Wantedlyが「はたらくを面白く」というコンセプトで提供するビジネスSNSサービスになっています。

簡単に言ってしまえば、「個人」と「企業」のマッチングサービスですね。普通の求人よりは、「一回話してみませんか?」ぐらいのフランクな感じになっています。

企業側では、自社の求人内容や会社説明、自分たちの日々の活動内容を発信して転職者にアピールします。場合によってはスカウト機能で、企業側から転職者にアプローチをすることもあります。

転職者側は、基本的には無料で使用することができます。専用アプリもリリースされているので、PCだけでなくスマホからでも気軽に利用することができます。

様々なベンチャー企業が掲載されているので、自分で調べてその企業情報を得ることができ、簡単に面談の応募を行うことができます。時にはオファーが来る時もありますので、その時はチャンスですね。

その面談で、もしお互いに了承が得られれば、本選考に入っていくというのが基本的な流れですね。

wantedlypremium

月額2,980円でプレミアムプランに変更することも可能です。プレミアムプランの機能としては、

  • 企業からのスカウトが平均10倍アップ
  • プレミアムの表記が企業に伝わる
  • 自分のプロフィールを見た企業が分かる

といったものがあります。

ちなみに私はプレミアムプランは使っていません。使っていなくても普通にたくさんの企業とお会いすることができましたし、これで月額2,980円は微妙かなというのが正直な感想です・・・

Wantedly Visitの評判まとめ

評判

簡単に評判をまとめていきます。

ビジネスSNSというフランクな感じのコンセプトの通り、少し緩い感じになっているので、そこにギャップを感じられている方が多いみたいですね。

Wantedly Visitを使用して転職活動を進めた感想とまとめ

career

全体的には、使いやすくて良いサービスです。

転職者側は基本的に無料で使用できますので、登録して損はないですね。使っていて思ったことは以下の通りです。

ですが、まだ荒い部分がありますし、カジュアル過ぎる感じが合わない人はいるかもしれません。少し好き嫌いが別れるサービスですね。

【良いなと思った点】

  • 無料でも使い倒せる
  • ベンチャー企業の情報が手に入ってありがたい
  • 気軽に話を聞けて、本選考に入る前に自分の中のイメージとギャップがないか確認できる
  • プロフィール欄の自由度が結構高い
  • プロフィールに「このさきやってみたいこと」の項目があるので、記入しておけばミスマッチが防ぎやすい
  • エンジニアなどで実績がある場合、プロフィールにポートフォリオを載せることができる

【気になった点】

  • その人の属性やプロフィール充実度にもよるけど、何も返信がこない企業が割と多い
  • 最初は面談の雰囲気だけど、いつの間にかガチの面接に入っている時がある
  • プロフィールの添付ファイルが1つしか載せられない
  • メンバーの経歴や、普段の活動内容をもっと充実させて欲しい
  • 検索のオプション(職種など)が少ない
  • メッセージのやり取りで、添付ファイルを送れない
  • 想定年収を書いていないところが多い

個人的にはビジネスSNSって立ち位置なので、企業側は普段の職場の様子などをどんどん掲載してもらえると、こちらとしても雰囲気が分かってありがたいなと思いました。

まとめ

全体的には、多くの企業とお会いできてとても使いやすいサービスです。ベンチャー企業に興味を持っているなら、登録して損はないサービスです。
ただ、プロフィール欄などをしっかり記載していないとなかなか返信はもらえないと思ったほうがいいです。

Wantedly Visitだけでなく転職エージェントには必ず登録しておこう

Wantedlyなどを使用して、求人を探して応募するのはいいですが、アドバイスや求人情報の詳細を聞ける転職エージェントにも必ず登録しておいた方がいいです。

担当の人にもよると思いますが、実際の企業内情はどうなっているのかをエージェントに聞いてみるのがおすすめです。

Wantedlyの企業情報を書いているのは企業なわけですから、悪いことは書かないに決まっています。気になった企業があれば、エージェントにその企業が実際にどうなのかを聞いてみるとギャップが少なくなりますよ。

転職のリクルートエージェント|転職業界No.1実績
※転職エージェント最大手で求人が豊富。転職初心者は登録しておきましょう。

doda転職エージェント|求人の質が高く、量も多い
※こちらも大手転職エージェント。サイト内の転職人気企業ランキングが便利。

転職を売り物にしないゲキサポ!|求人紹介でなく本気でキャリアを考えてくれる
※新しい形のキャリア形成サービス。本気で転職を成功させたいならここ。

転職サービスGreen
転職サービスGreenの求人についてや体験談を徹底解説!転職求人サービスのGreenについて知りたいですか?本記事では実際にGreenを使って転職活動をした実体験を踏まえて詳しく解説しています。転職を考えられている方や、すでに転職活動をしている方はぜひご覧ください。...
search
【ベンチャーへの転職が失敗する前に】情報や求人の探し方を解説!ベンチャーへの転職で失敗しないための検索方法を知りたいですか?本記事ではベンチャー企業への転職で失敗しないための、情報収集について詳しく解説しています。ベンチャーに転職を考えられている方や、失敗したくない方はぜひお読みください。...

 

今回は以上!

ABOUT ME
マックス
マックス
理系大学院➡︎IT系大企業➡︎5%の優秀評価➡︎燃え尽きうつ病➡︎起業で月売り上げ400万円➡︎新規事業失敗、借金➡︎AI系ベンチャーに転職とよく分からない人生を送っています。 当ブログでは私が人生で学んできたことを踏まえて、主に若手サラリーマンの役に立つ情報を発信していきます。