EMPLOYMENT

【クレーム対応の仕事がしんどいあなたへ】対処法3選を解説します!

【仕事のクレームがしんどいあなたへ】対処法5選を解説します!
仕事にクレームに落ち込む人
仕事にクレームに落ち込む人

仕事でクレームばかりきて、上手く対応できずに落ち込んでしまう・・・。
クレーム対処も上手くなりたいけど、そもそもこんな仕事してていいんだろうか。クレームへの対処法と、できればキャリアのことも知りたい。

 

今回は、こんなお悩みにお答えしていきます。

本記事の内容

・仕事のクレームへの対処法3選【心構え編】
・仕事のクレームへの対処法3選【対応編】
・【体験談】仕事のクレームはしんどすぎる
・仕事のクレーム対応ばかりなら転職も考えよう

 

お客さんから仕事のクレームを言われて、精神的に凹んんじゃう時ってありますよね。

私もコールセンターでSV勤務の時もありましたので、クレームの嵐で落ち込んでいた時もありました。そこでの教訓もあって、今では自分を追い詰めることなく仕事ができています。

なので、今回は仕事のクレームに対する対処法を解説していきます。

 

前半では仕事のクレームへの対処法を解説しつつ、後半ではそもそものキャリアの解説をしていきます。

この記事を読み終えることで、仕事のクレームで自分を追い詰めることはなくなるでしょう。

では、さっそくいきましょう!

仕事のクレームへの対処法3選【心構え編】

仕事のクレームへの対処法3選【心構え編】

まずは仕事のクレーム対応をする際の、心構えを解説していきます。

1. 仕事のクレームにビビらない

仕事のクレームがきたら、誰でも萎縮しちゃうことがあるかと思います。ただ、ビビって萎縮しちゃうのは絶対にNGです。

相手のタイプにもよりますが、こっちがビビっていては相手の思う壺です。さらに威勢よくクレームを言ってくるだけです。

なので、内心はビビってもOKですが、そう思われないように堂々としましょう。特に「声をゆっくりハキハキ出す」のが効果的です。声をワントーン低めに出すのもいいでしょう。

 

とにかく、相手はあなたのことを威圧しようとしています。そのために、怒鳴ったり屁理屈を言うわけですね。

相手の土俵に、立ってはいけません。あくまでも、主導権はこちらにあることを覚えておきましょう。

立場は対等です。変にへりくだることなく、堂々と対応をしましょう。

2. 理不尽な仕事のクレームは絶対にある

こちらに非があるクレーム内容であれば、それは真摯に受け止めて対応しなければいけません。ただ、論理も何もない感情だけの理不尽なクレームは絶対にあります。

  • なんとなく気に入らないから
  • 全てはそっちが悪いと思い込んでる
  • 自分が悪いことを認めたくない

など、理不尽なことでクレームを言ってくる人は一定数存在します。

 

 

そんなクレームは、適当に受け流すようにしましょう。話し合いができるならまだいいですが、そもそも話し合いすらできない場合もあります。

そんなことに時間を割いても、意味がありません。あまりに理不尽なクレームは適当に流して、何かを要求されるようであれば断固として断りましょう。

全ての顧客に、真摯に対応する必要はありません。理不尽なクレームは受け流すぐらいの心構えは持っておきましょう。

3. 仕事のクレームは自分への攻撃ではない

仕事に関するクレームが来ると、どうしても自分が攻撃されているように感じてしまうものです。

ただ、あくまでも仕事に関するクレームであって、あなたへのクレームではありません。

たまに論点をすり替えて、「お前の対応態度が気に入らない」という人もいますが、「ああ、そうですか」ぐらいで流しておきましょう。

仕事なんて適当でいいです【真面目すぎてもしんどいだけです】
仕事なんて適当でいいです【真面目すぎてもしんどいだけです】仕事を適当でいい理由を知りたいですか?本記事では、仕事を適当でいい理由について解説しています。仕事を適当にできない真面目な人はぜひご覧ください。...

仕事のクレームへの対処法3選【対応編】

仕事のクレームへの対処法3選【対応編】

仕事のクレームに関する心構えを解説してきましたが、次は実際の対応について解説していきます。

1. 仕事へのクレームはまず謝罪

基本的なことですが、クレームがあるならまずは謝罪しましょう。いったんは、正当性があるかは置いておいて、まずは謝罪することが重要です。

どんな事情があったにせよ、顧客が不満を感じていることは事実です。その不満に対して、まずは謝罪しましょう。

最初に謝罪されることで誠意を感じますし、相手も冷静になります。謝罪しても失うものはありません。最初は積極的に謝罪をしていきましょう。

2. 事実確認の徹底

謝罪をして相手が冷静になってくれたのであれば、次は事実確認をします。5W1Hで考えると、抜け漏れなく確認ができます。

  1. When(いつ)
  2. Where(どこで)
  3. Who(誰が)
  4. What(何を)
  5. Why(なぜ)
  6. How(どのように)

 

ここでのポイントは、冷静に事実確認を徹底的に行うことです。相手に質問するのが怖くて、結局は言われるがままになってしまうことがありますがNGです。

本当にこちら側に非があるのかを確認しなければいけませんし、質問する側が会話の主導権を握ることができます。

質問をしていくうちにあっち側のミスが発覚して、逆に謝られるなんてこともあります。事実が確認できなければ、対応もできませんので、徹底的に事実確認をするために質問しましょう。

3. 他人を頼る

「どんな人でも対応しなきゃ」と思い詰めてしまうかもしれませんが、自分の手におえなければ他人を頼るようにしましょう。

上長がいるのであればそこにトスアップしてもいいですし、別の同僚でもいいでしょう。

人とのコミュニケーションなので、どうしても相性はあります。自分と合わない相手と対応しても、いまいち噛み合わずに余計に話がこじれることもあります。

仕事を適当にできない環境からは逃げる
仕事で能力不足を感じた時の対処法5選【早めに対処しないと危険】仕事の能力不足をどうすればいいのか知りたいですか?本記事では、仕事の能力不足から改善する方法を解説しています。仕事の能力不足を感じる人は、ぜひご覧ください。...

【体験談】クレーム対応の仕事はしんどすぎる

【体験談】仕事のクレームはしんどすぎる

私もコールセンターのSVとしてクレーム対応をしている時期がありましたが、今思うと結構しんどかったなと思います。

SVとして仕事のクレーム対応に追われる日々

前はコールセンターのSVをしていたので、1日1件は必ずクレーム対応をしていました。まだ話のできる人ならいいですが、ただただ喚き散らす人にはもうお手上げですね・・・

1回で終わるならまだいいですが、そういった意味不明な人に限って何回も電話してきたりします。

それを何回も対応すると、「俺は何をやっているんだろう・・・」と落ち込む時もたくさんありました。

職場環境は最悪

これはどのコールセンターも似たようなものだと思いますが、職場環境も結構ひどかったですね・・・

どれだけ丁寧に研修とかしても離職率は以上に高かったですし、クレーム対応のしすぎで精神的に参ってしまう人もたくさんいました。

なくてはならない仕事ですが、どうしてもクレーム対応ばかりだと職場環境は悪くなりがちです。

転職してハッピーに

働いていくうちに、「このままだとヤバいな・・・」と思い転職することにしました。精神的にもしんどかったこともあります。

ただ、このまま仕事をしていても、なんだか人生後悔するなって思ったからです。仕事が悪いってわけではないのですが、自分の方向性と合っている気がしなかったので・・・

今ではフルリモート&フルフレックスでクレーム対応することもなく、プチフリーランスみたいな働き方ができています。

【20代で転職に迷うあなたへ】正しい転職タイミングを解説します
【20代で転職に迷うあなたへ】迷うぐらいなら転職したほうがいい理由20代の転職に迷う時にどうすればいいのか知りたいですか?本記事では20代の転職に迷う時に何をすべきなのかを解説しています。20代で転職に迷う人はぜひご覧ください。...
【転職活動がめんどくさい人必見!】効率の良い転職手順を解説!
【転職活動がめんどくさい人必見!】効率の良い転職手順を解説!転職活動がめんどくさいと思うときにどうすればいいのか知りたいですか?本記事では、転職活動がめんどくさい人のために効率的な転職を解説しています。転職活動がめんどくさいと思っている人はぜひご覧ください。...

クレーム対応の仕事ばかりなら転職も考えよう

仕事のクレーム対応ばかりなら転職も考えよう

クレーム対応の仕事は、正直しんどいです。

そこで頑張ってもいいですが、精神的に参ってしまったり、市場価値が下がるぐらいならさっさと転職しましょう。

仕事は適材適所

クレーム対応の仕事がしんどかったり、向いてないなと思うことないでしょうか。ぜひ、その声を素直に聞いた方がいいです。

ここで自分に嘘をついて仕事をしていくと、精神的に参ってしまいます。そんな人を何人も見てきました。

別に今の会社や職種にこだわる必要もありません。逃げてもいいので、真剣に自分のキャリアを考えてみてください。

よくある質問①:「キャリアの相談は誰にすればいいですか?」

これもよくある質問ですが、結論としてはキャリアのプロに相談しましょう。よく分からずに、身近な人に相談する人が多いですが無駄なので辞めましょう。

そもそも転職を経験している人や、自分のキャリアを真剣に考えている人なんて少ししかいません。そんな人たちに相談しても、反対されるか無難な回答が返ってくるだけです。

以下のサービスはキャリアのプロが無料で相談に乗ってくれます。相談は無料なので、それぞれ話を聞いて決めるのはありです。

おすすめキャリア支援サービス(相談無料)

ポジウィルキャリア|マンツーマンで転職活動を支援するコンサルティングサービス
※勢いのあるキャリア相談サービス。手厚いサポートが好評。

転職hone|若手に特化したキャリア支援サービス
※柔軟な料金と期間設定で、気軽に受けることができる

きづく。転職相談|本気で人生と向き合うサポートサービス
※キャリア以外にも副業などの相談も可。

おすすめのキャリア支援サービス3選【不安なら早く相談すべき】
おすすめのキャリア支援サービス3選【不安なら早く相談すべき】どのキャリア支援サービスがいいのか知りたいですか?本記事では、キャリア支援サービスのおすすめを解説しています。キャリアに迷っている人はぜひご覧ください。...

よくある質問②:「いつから転職活動すればいいですか?」

「いつ転職活動は始めるべきか?」という相談もよくもらいますが、結論は「今すぐ」です。転職活動自体にリスクはないですし、行動しながら考えていけばOKです。

早めに転職エージェントに登録して、どんどん求人を紹介してもらうようにしましょう。転職エージェントに一度登録してしまえば、あとはメールを確認しつつ、興味ある案件に応募するだけです。

どの転職エージェントも登録は5分程度で終わりますので、是非この機会に行動してみましょう。

おすすめの転職エージェント(登録無料)

dodaの転職エージェント|求人の質が高く、量も多い
※こちらも大手転職エージェント。サイト内の転職人気企業ランキングが便利。

転職エージェントのパソナ|丁寧な対応に定評あり
※大手中堅の転職エージェント。面接対策などの丁寧な対応が好評。

最大手のリクルートエージェント|転職業界の実績No.1
※転職エージェント最大手で求人が豊富。転職初心者は登録しておきましょう。

20代におすすめの転職エージェント・転職サイト3選【早く動くべき】
20代におすすめの転職エージェント・転職サイト3選【早く動くべき】20代で登録しておくべき転職エージェントと転職サイトが知りたいですか?本記事では、実際に20代で転職した経験を踏まえて、おすすめの転職エージェントとサイトを紹介しています。20代で転職を考えている人はぜひご覧ください。...

まとめ:クレーム対応の仕事はぶっちゃけしんどい

さて、今回はクレーム対応の仕事について解説してきました。簡単に振り返っておきます。

まとめ

・クレーム対応にもコツはあるのでやってみる
・萎縮するのはNG。堂々とすること。
・クレーム対応ばかりなら転職も考えたほうがいい
・自分に嘘をついて、壊れるぐらいなら逃げる

 

仕事はどんなことでも、辛い場面は必ずあります。ただ、クレーム対応ばかりだと、いつでも辛い場面になってしまいます。

クレーム対応で精神をすり減らすぐらいなら、自分のキャリアを切り開いていってもいいのではないでしょうか。

ぜひ、これを機会に、一歩を踏み出してみてください!

 

おすすめキャリア支援サービス(相談無料)

ポジウィルキャリア|マンツーマンで転職活動を支援するコンサルティングサービス
※勢いのあるキャリア相談サービス。手厚いサポートが好評。

転職hone|若手に特化したキャリア支援サービス
※柔軟な料金と期間設定で、気軽に受けることができる

きづく。転職相談|本気で人生と向き合うサポートサービス
※キャリア以外にも副業などの相談も可。

おすすめの転職エージェント(登録無料)

dodaの転職エージェント|求人の質が高く、量も多い
※こちらも大手転職エージェント。サイト内の転職人気企業ランキングが便利。

転職エージェントのパソナ|丁寧な対応に定評あり
※大手中堅の転職エージェント。面接対策などの丁寧な対応が好評。

最大手のリクルートエージェント|転職業界の実績No.1
※転職エージェント最大手で求人が豊富。転職初心者は登録しておきましょう。

今回は以上!

ABOUT ME
マックス
理系大学院➡︎IT系大企業➡︎5%の優秀評価➡︎燃え尽きうつ病➡︎起業で月間売り上げ400万円➡︎新規事業失敗➡︎AI系ベンチャーに転職➡︎マネージャーとよく分からない人生を送っています。 当ブログでは私が人生で学んできたことを踏まえて、主に若手サラリーマンのキャリアや人生に役に立つ情報を発信していきます。 ▼詳しいプロフィールは こちら ▼お仕事の依頼やキャリア相談などは こちら
メルマガ登録