EMPLOYMENT

【部署異動をしたい新人のあなたへ】何をすべきなのかを徹底解説!

会社の部署異動をしたい新人は必読!やりたい仕事を考え直す理由
otikomu

「希望している部署に異動したい・・・」

「自分の望んでいる仕事が今の部署じゃできない・・・」

「部署異動したいけど、できない時にどうすればいいのか知りたい」

今回はこんなお悩みに回答していきます。

本記事の内容

・新人が部署異動するための方法【実績あり】
・部署異動したい?それ本当?【新人によくある】
・部署異動したいことよりも分かりやすく考える
・別に転職でもいい【自分でキャリアを作る】

厳しい就活を乗り切って、会社に入れたは良いものの、

  • 自分の希望部署に配属されずに悩んでいる・・・
  • やりたい仕事ができずに苦しんでいる・・・
  • やりたくない仕事ばかりで嫌気が差す・・・

と悩んでいる若手社員のあなた!

その気持ち、痛いほど分かります。

入社して頑張ろうと意気込むものの、最初からギャップを感じてつまづいてしまう。それが嫌ですぐに会社を辞めてしまった人を何人も見てきました。

私自身も理系大学院卒で、理系総合職採用にも関わらず、最初の部署はカスタマーサービス部のコールセンターでした。しかも、督促関連のコールセンターです。

正直、「は?なんで?」って感じでしたね。派遣社員さんと同じように、お客様から電話で怒鳴られる仕事をしているうちは、本当に嫌で嫌でしょうがなかったですね。

何のために入社したんだろう?とか本気で考えてました。

でも、考え方を変えて乗り切る事ができました。

今回は希望部署に配属されずに、やりたい仕事ができないと悩んでいる若手のあなたに、少しでもお役に立てればと思います。

この記事を読み終えることで、自分自身を本当の意味で見つめ直すことができるはずです。

では、さっそくいきましょう!

新人が部署異動するための方法【実績あり】

新人が部署異動する方法

この記事を読んでいるということは、部署異動してみたいですよね?まずは、私も実践してきた部署異動するための方法を解説していきます。

実績を残す

もうこれは大前提です。

実績を残さずに部署異動するケースもありますが、望まない方向への異動だったり、運によります。

自分から積極的に部署異動を進めていくためには、今の部署での実績が必要です。

  • 何も実績を残していないAさん
  • 圧倒的な実績を残しているBさん

あなたが上司なら、どっちの要望を叶えてあげたいですか?いつも頑張って実績を残しているBさんですよね。

いつでも部署異動できるように、まずは実績を積み上げていきましょう。

上司との信頼関係

会社の構造にもよりますが、ほぼ直属の上司が人事権を持っていると思っていいです。

推薦や異動の話を通すのは上司なので、上司との信頼関係は築いておきましょう。飲み会ばかり行けというわけでなく、

  • 上司の自分への期待値はどれぐらいか
  • 上司は何に重きを置いているのか

ぐらいは把握して、それを満たすように結果を残しておきましょう。

どうしてもウマが合わない上司もいると思いますが、そこは部署異動するまでと割り切ってもいいでしょうし、別の人事権を持っている人と信頼関係を作ってもいいでしょう。

はっきりと意見を伝える

部署異動したいならしたいで、はっきりと意見を伝えるようにしましょう。

上司も忙しいわけですから、こっちが何も言わなくても意見を汲み取ってくれるわけではありません。

少し言いにくいかもしれませんが、「部署異動したい」とはっきりと伝えて、併せて理由も伝えましょう。

なんとなく部署異動したいと言っても、説得力がありません。しっかりと自分なりの異動したい理由を伝えましょう。

仕事を振られるのは確かに面倒臭い
職場への不満を解消する方法3選!【我慢し続けるのはやめましょう】職場への不満を解消する方法を知りたいですか?本記事では職場への不満を解消する方法を解説しつつ、根本的な解消に繋がる転職についても詳しく解説しています。職場への不満がある方や、転職を考えている方はぜひお読みください。...

部署異動したい?それ本当?【新人によくある】

会社の部署異動したい?それ本当?

一度考えてみて欲しいことが、「そもそも、やりたいと考えていることって本当にやりたいことなの?」ってことです。

やりたいことってなんだろう?

今の時代、仕事に対しての意味づけがどんどん変わってきています。サラリーマンが、「安定してお金を稼ぐ」ことから、「やりがいのあること」または、「自己表現」であることになってきています。

ですが、本来はやりたいことなんて、今は分からないはずなんです。

だって、全ての職種を経験したことない訳じゃないですか。やる前は何とも思ってなかったのに、実際にやってみたら自分にハマったってことも結構あると思います。

実際に経験してみないと、その仕事が自分のやりたいことかどうかなんて、何とも言えないはずなのです。

もちろん、ごく一部の人たちで、自分のやりたい事がすでに分かっているという方もいると思いますが、やりたい事って自分の意思ではなく、周りの偶然的な環境が原因である事が多いです。

例えば、交通事故で重体になった友人を、お医者様が手術で救ってくれて、そこから医者を目指すようになった。という話とかって結構よく聞く話だと思います。

これって自分が同じ立場になっていたら、同じように医者を目指す可能性って高くなると思いませんか?

つまり、やりたい事なんて幻想みたいなものなんです。
環境で作られることもあるだろうし、偶然マッチすることでもあります。

こだわりすぎない

「君の仕事というのは、人生の多くを支配する。だから、(人生を)本当に満足するには自分の信じる最高の仕事に就くしかない。そしてその最高の仕事というのは、その仕事が大好きでたまらないというものでなくてはダメだ。まだそれが何であるかわからないというなら、探し続けなさい。止まってはダメだ。それが見つかった時は、絶対にそうだと心の底から分かる。そして時間が経つにつれ、やればやるほどどんどん良くなる。まるで最高の人と出会ったように。だから、見つけるまで探し続けなさい。諦めてはダメだ。」

出典:Wikipedia-スティーブ・ジョブズ

しかし、かの有名なスティーブ・ジョブズですら、上記のようなことを言っています。
やりたい仕事、天職を探し続けなさいということですね。

スティーブ・ジョブズですら、色々な職を探し続けてやっとAppleに行き着いた訳です。

やりたい事なんて考えるなって事ではなく、やりたい事にこだわり過ぎる必要はないよって事です。今を全力で生きて視野を広く持ってください。

分からないから追い求める

ある意味、日本の就活制度の悪い部分でもあります。

  • 弊社でやりたいことは何ですか?
  • 将来はどんなことを実現したみたいですか

って面接官によく聞かれるじゃないですか。

そんなこと、働いてもいないのに分からねえよ。

っていうのが本音だと思います。私もそう思っていました。
ですが、面接で好印象を持ってもらうために、就活生は一生懸命に分かりもしないやりたいことを作り出す訳です。

そうすると入社前には、面接でも言った自分のやりたい事を絶対に実現するぞ!って思っちゃう訳ですね。

部署異動したいことよりも分かりやすく考える

会社の部署異動よりも考えたいこと

やりたいことにこだわりすぎる必要はありません。それよりも考えていくべきこともあります。

どうありたいか?

さっきは、やりたい事について焦点を当てていましたが、あなたに考えてほしい事は「どうありたいか?」です。

「Want to」ではなく、「Be」です。

ほとんどの人ってやりたい事は分からなくても、どうありたいかって割と答えられる事が多いです。

自分の理想の状態を考えてください。ハワイでゆっくりできる状態でしょうか?お金がたくさんある状態でしょうか?役職についている状態でしょうか?

どうでしょう?「どうありたいか」って割と何個も出てきませんか?

そこの理想の状態が分かってしまえば、後はその状態になるためには何をしたらよいのかを考えて行けば、自分のやる事がスッキリしてきます。

ハワイでゆっくりしたいのであれば、旅行ならお金を貯める必要があるでしょうし、休んでも文句の言えない体制にして置くことも必要です。転職でハワイ勤務できるようにするっていうのも良いでしょう。

理想の姿から逆算する

そのやる事の中に希望部署で働く事は入っているでしょうか?
入っているなら、入れるように今できる事を考えるべきだし、入っていないのなら今は希望部署でない事を悲観する必要なんてないのです。

具体的なキャリアの形成方法については、北野唯我さんの書籍「転職の思考法」に詳しく書いてあるので、気になる方は一度読んでみてください。

「転職の思考法」を読んだまとめ【転職する前に読みましょう】転職活動を始める前に必読の「転職の思考法」を知っていますか?本記事では書籍「転職の思考法」を読んで、自身の転職活動経験も踏まえながら解説しています。これから転職活動を考えている方はもちろん、転職を考えていない方も、ぜひこの記事をお読みください。...

別に転職でもいい【自分でキャリアを作る】

別に転職でもいい

部署異動の方法やキャリアの考え方を解説してきましたが、別に部署異動のこだわる必要もないです。

キャリア形成は転職の方が早い

自分の進むべき道が見えていているなら、部署異動を待っているよりも転職の方が早いです。

「入社してすぐに辞めるのはよくない」という風潮がありますが、私はそんなことないと思っています。

今の会社が違うと思うのであれば、さっさと転職すればいいです。人生の時間は有限です。無駄なことに使っているヒマはありません。

大企業からベンチャーに転職した感想
【初転職が不安で怖いあなたへ】不安を解消する方法を解説!転職が不安で怖いときにどうすればいいのか知りたいですか?本記事では転職での不安について解説しつつ、その対策についても解説しています。不安で転職の一歩が踏み出せない方はぜひご覧ください。...
転職は逃げなのか?
転職は逃げなのか?転職経験者の私が解説!【逃げてもいいです】転職が本当に逃げなのかどうか知りたいですか?本記事では実体験も踏まえながら、転職は本当に逃げなのかどうかを解説しつつ、転職の成功手順も解説しています。会社が嫌で仕方ない方や、転職を考えている方はぜひご覧ください。...

まずはエージェントに聞きまくる

転職する気がなくでも、転職エージェントに無料登録していろいろ聞いてみましょう。

  • 今の自分の市場価値
  • 自分の市場価値だと、どの企業にアタックできそうなのか
  • どんな企業が自分に合うのか

などが分かってきます。

人気求人はすぐに応募を閉じることも多いので、見逃さないためにも早めに登録しておきましょう。

初めての転職におすすめのエージェント(登録無料)

最大手のリクルートエージェント|転職業界の実績No.1
※転職エージェント最大手で求人が豊富。転職初心者は登録しておきましょう。

doda転職エージェント|求人の質が高く、量も多い
※こちらも大手転職エージェント。サイト内の転職人気企業ランキングが便利。

まとめ:部署異動だけでなく広く考える

さて、今回は部署異動をしたい時にどうすればいいのかを解説してきました。

振り返るとそんなに悩む事じゃないな〜って思いますが、その時で色々深刻に考えてしまうことってありますよね。

特に会社に入ったばかりだと、余計に色々考えすぎてしまうものだと思います。

やりたい事を探し続けることって凄く大事なことだと思いますが、これがやりたい事だって強い思い込みをするよりかは、やりたい事を見つけるために色々経験してみようっていうマインドの方が、人生を豊かにできます。

狭い視野になるのではなく、広い視野で人生を最高に旅していきましょう。

初めての転職におすすめのエージェント(登録無料)

最大手のリクルートエージェント|転職業界の実績No.1
※転職エージェント最大手で求人が豊富。転職初心者は登録しておきましょう。

doda転職エージェント|求人の質が高く、量も多い
※こちらも大手転職エージェント。サイト内の転職人気企業ランキングが便利。

キャリアの目標や考え方を社内で終わらせてはいけない理由とは?
キャリアの目標や考え方を社内で終わらせてはいけない理由とは?キャリアの目標や考え方をどうすればいいのか知りたいですか?本記事ではキャリアの意味についてや、キャリアの目標を社内にしてはいけない理由について解説しています。自分のキャリアの目標にお困りの方はぜひご覧ください。...
雑務の仕事を振られる若手サラリーマンよ、レバレッジをかけろ!
雑務の仕事を振られる若手サラリーマンよ、レバレッジをかけろ!雑務の仕事を振られて困っていますか?本記事では実体験も踏まえて、雑務の仕事を振られたときにどうすればいいのかをくわしく解説しています。雑務の仕事を振られて困っている方や、どうにかしたいと思っている方はぜひお読みください。...

今回は以上!

ABOUT ME
マックス
マックス
理系大学院➡︎IT系大企業➡︎5%の優秀評価➡︎燃え尽きうつ病➡︎起業で月売り上げ400万円➡︎新規事業失敗、借金➡︎AI系ベンチャーに転職とよく分からない人生を送っています。 当ブログでは私が人生で学んできたことを踏まえて、主に若手サラリーマンの役に立つ情報を発信していきます。