EMPLOYMENT

【残業が辛いと疲弊しているあなたへ】おすすめの対処法を解説!

残業が辛い
悩む人
悩む人

残業時間が多くて、毎日が辛い・・・
なんとか改善できる方法を知りたい。

今回はこんなお悩みにお答えしていきます。

本記事の内容

・残業が辛い時の対処法
・ひどい環境は離れよう【辛い残業は無意味】
・ふさわしい場所は他にもある
・辛い残業時間が改善した体験談【生活の質が向上】

残業が当たり前になっていて、辛くて疲れていませんか?

仕事をしていると、残業が発生することがありますよね。業種などによっても異なりますが、もちろん残業せざるえない場面はあります。

ただ、毎日の残業が普通になっていたり、あまりに多くの時間を残業に費やしているなら毎日が辛くなってしまいます。

平日はずっと働いて土日は疲れをとるために寝るだけ・・・

仕事に集中したいならそれでもいいですが、もう少し余裕を持って過ごしてもいいですよね。

なので、今回は残業が辛い時にどうすればいいのかを解説していきます。

この記事を読み終えることで、残業から開放されるはずです。

では、さっそくいきましょう!

残業が辛い時の対処法

残業が辛い時の対処法

残業は仕方ない時もありますが、できる限り減らしていくことは可能です。残業をできる限り減らすような対処法を解説していきます。

やらない仕事を決める

全ての仕事を完璧にやろうと思っていると、いつまでも仕事が終わることはありません。

「やること」を決めることも大切ですが、「やらないこと」も決めるようにしましょう。

やらない仕事を決めることで、今日中にやるべきことに集中することができます。この分類は「緊急性」と「重要性」に分けて考えるといいでしょう。

緊急性と重要性

このようにマトリックスで分けると、自分のやるべきことが見えてきます。赤枠部分の①だけに集中して仕事を行い、それ以外は残業をしてまでやることではないです。

やるべきことだけに集中して、残業をしないようにしましょう。

1日の目標を決める

できれば毎日、1日の目標を決めて仕事をするようにしましょう。

何か1日の目標や締め切りがないと、いつまでも仕事に追われてしまうことになります。

締め切りがないからダラダラ仕事をしてしまいます。来週のミーティング資料などで締め切りがある場合、集中してやり終えた経験ってありますよね?

それと同じで目標を設定しないと、いつまでも残業することになってしまいます。

・今日は18時までに帰る
・資料を作る
・10件アポを取る

1日の目標を設定して、効率的に仕事を終わらせていきましょう。

自動化

今では、ほとんどの仕事がパソコンで行われています。

手作業の仕事よりも、パソコンでの仕事が効率化がしやすいです。身近なところだと、エクセルの自動化が一番やりやすいですね。

細かい計算や同じ作業は、手作業よりも自動化した方がミスも少ないし効率化につながります。それで時間を作り出すことができます。

エクセルのマクロなどを組んでみて、作業時間の短縮を行っていきましょう。実際に勉強して便利だった本を載せておきます。

ここで効率化できても、上司にはあまり言わないようにしましょう。空いた時間のぶん、仕事を追加で振られることになってしまいます。

雑務の仕事を振られる若手サラリーマンよ、レバレッジをかけろ!
雑務の仕事を振られる若手サラリーマンよ、レバレッジをかけろ!雑務の仕事を振られて困っていますか?本記事では実体験も踏まえて、雑務の仕事を振られたときにどうすればいいのかをくわしく解説しています。雑務の仕事を振られて困っている方や、どうにかしたいと思っている方はぜひお読みください。...

部署異動の申請

今の部署があまりに残業時間が多かったり、残業することが当たり前の雰囲気であれば、一度は部署異動の申請をしましょう。

部署によって雰囲気も違いますし、残業時間も異なるケースが多いです。

ただ、部署異動は少しハードルが高かったりします。将来的には全然可能ですが、残念ながらすぐに部署異動の希望が通るとは限りません。

部署異動の基本的な流れ
  1. 今の部署である程度の年数を積む
  2. 実績を出す
  3. 異動希望の申請
  4. 希望部署に空きがある
  5. 上司から高い評価を受ける

こういた流れを通して、やっと部署異動が叶うケースがほとんどです。

ただ、希望を言うのはタダなので上司に伝えるようにはしましょう。まともな上司なら、あなたの気持ちも汲み取ってくれるはずです。

自分の上司に言いたくない場合は、別の信用している上司でも問題ありません。できるだけ、決裁権のある人に伝えるようにしましょう。

会社の部署異動をしたい新人は必読!やりたい仕事を考え直す理由
【部署異動をしたい新人のあなたへ】何をすべきなのかを徹底解説!会社の部署異動がしたい時にどうすればいいのか知りたいですか?本記事では実体験を踏まえながら、部署異動したい新人の考えるべきことを解説しています。部署異動したい方や新人の方はぜひご覧ください。...

ひどい環境は離れよう【辛い残業は無意味】

残業が辛いなら離れよう

自主的にコントロールできる労働環境であればいいですが、強制的に残業などをさせられるケースもあります。

その時は無理や我慢をせずに、早く離れるようにしましょう。

残業を強要される

今の時代に、残業を強要してくる会社は危険です。

もちろん、トラブル対応や繁忙期によって残業が仕方ない時はあります。ただ、いつも残業を強要してくる会社はヤバいです。

ゴールが見えているならいいですが、いつまで経っても残業をしていると心身ともに危険です。

会社や世間体よりもあなたの身体が一番大切ですよ。

残業代が出ない

残業をするにしても残業代が出ることは当たり前です。みなし残業などである場合は仕方ないですが、そうでない場合に残業代が支払われないケースもあります。

スキルアップのためと割り切れるならいいですが、残業しても残業代が出ないのはあなたの生活をどんどん悪くしていきます。

そんな会社からは早く抜け出すようにしましょう。

ひどい環境からは早く抜け出す

ひどい労働環境の場合は、本当に早く抜け出すようにしましょう。

我慢していても、あなたの人生が悪くなっていくだけです。特に最後まで追い詰められると何もできなくなってしまうので、行動を起こすなら早めにした方がいいです。

汐留パートナーズ法律事務所では弁護士が動いてくれるので、 未払いの残業代の請求や退職などを一括で扱ってくれます。

残業が辛くて何もできない時は、こういった他人がやってくれるサービスを使ってでも、早く抜け出すようにしましょう。

【退職させてくれない場合】退職代行サービスをまとめて解説!退職させてくれない場合に役に立つ「退職代行サービス」について知りたいですか?本記事では、退職させてくれない場合の役に立つ退職代行サービスを徹底比較して解説しています。退職させてくれないと困っている方はぜひお読みください。...

ふさわしい場所は他にもある

ふさわしい場所は他にもある

ただただ残業をしていても辛いだけです。そこで追い詰められてしまうぐらいなら、視野を広げて考えてみましょう。

他に良い会社はある

日本だけでも数多くの会社が存在します。

日本の企業数

出典:経済産業省

少し古いですが経済産業省のデータによれば、日本では約421万社の企業が存在しています。

今の会社はその421万社のうちの1つでしかありません。極論、あと421万社ぐらいの選択肢があなたには残されています。

あなたのライフスタイルに合う会社はいくらでもあります。

試しに転職活動をしてみる

残業が辛く毎日を消耗しているぐらいなら、試しに転職活動をしてみましょう。

試しに転職活動を進めてみると、

  • 自分の市場価値
  • 求めているのはどんな企業か
  • 残業なしの企業はどれぐらいあるのか
  • 希望の企業はどんなスキルや経験を求めているのか
  • 求めている企業に今の自分で転職できるのか

などが分かってきます。

ぜひ、自分の希望にある企業を探してみてください。

仮に転職するとしても、求人市場のタイミングが大切になってきます。残業が辛くて何もできなくなる前に早く登録しておきましょう。

転職サイトは最大手で求人数が多いリクナビNEXTと、指定した条件のみで面談確約オファーがくるMIIDASがおすすめです。

初めての転職におすすめの転職サイト(登録無料)

業界大手のリクナビNEXT|リクルートが提供
※最大手の転職求人検索サービス。グッドポイント診断での自己分析が便利。

MIIDAS(ミイダス)|面談確約オファーだけくる
※面談確約オファーのスカウトサービス。適性年収を診断できるのが便利。

転職エージェントは無料で求人紹介をしてくれたり、面接の対策などをしてくれるサービスです。心強いパートナーになってくれるので、必ず登録しておきましょう。

転職は求人が出る時期がバラバラであったり、すぐに求人終了することが多いので、早めに登録して人気求人を見逃さないようにしましょう。

初めての転職におすすめのエージェント(登録無料)

doda転職エージェント|求人やエージェントの質が高く、求人量も多い
※大手転職エージェント。サイト内の転職人気企業ランキングが便利。

大企業からベンチャーに転職した感想
【初転職が不安で怖いあなたへ】不安を解消する方法を解説!転職が不安で怖いときにどうすればいいのか知りたいですか?本記事では転職での不安について解説しつつ、その対策についても解説しています。不安で転職の一歩が踏み出せない方はぜひご覧ください。...
転職は逃げなのか?
転職は逃げなのか?転職経験者の私が解説!【逃げてもいいです】転職が本当に逃げなのかどうか知りたいですか?本記事では実体験も踏まえながら、転職は本当に逃げなのかどうかを解説しつつ、転職の成功手順も解説しています。会社が嫌で仕方ない方や、転職を考えている方はぜひご覧ください。...

辛い残業時間が改善した体験談【生活の質が向上】

残業が減った体験談

実際に、私も転職をして残業時間は大幅に改善されました。簡単に解説していきます。

日系大企業に就職

新卒では日系の大企業に就職しました。

風土が古いということもあり、最初の頃は月50時間ぐらい残業してました。今思うと完全に思考停止状態でしたね・・・

その結果、うつ病になったりもしました。

ベンチャーに転職

いろいろあって、ベンチャー企業に転職しました。

残業時間は毎月10時間ほどです。仕事量はそこまで変わらないイメージですが、仕事の密度が増しました。

営業とか代理店はおそらくゴリゴリに残業してると思いますが、企業選びを間違えなければ、ベンチャーの方が効率重視な風土がありますね。

感想

全体的に生活の満足度はアップしましたね。

前までは仕事のために生きているみたいな感じでしたが、今はプライベートにも時間を割いて興味のあることに手を出せています。

社外の人との関係も大切にできて、すごく快適です。

まとめ:自分のライフスタイルに合わせよう

さて、今回は残業が多くて辛い時にどうすればいいのかを解説してきました。簡単に振り返っておきます。

まとめ

・やらないことを決めて、仕事を効率化する
・部署異動を申請する
・ひどい環境は早く離れよう
・我慢してもいいことは一つもない
・良い会社は他にもたくさんある

仕事はお金を稼ぐ以上に大切なものですし、一所懸命に働くことは尊いことです。

ただ、それはあなたに合った会社で正しく働いていることが前提です。残業が辛いということは、そもそも今の会社が合っていないということです。

一度、自分の人生を見直してみましょう。

自分らしい働き方ができるのが一番です。その働き方は、どの企業で働くかのポジショニングでコントロールできます。

自分らしい働き方をしていきましょう。

今回は以上!

仕事を振られるのは確かに面倒臭い
職場への不満を解消する方法3選!【我慢し続けるのはやめましょう】職場への不満を解消する方法を知りたいですか?本記事では職場への不満を解消する方法を解説しつつ、根本的な解消に繋がる転職についても詳しく解説しています。職場への不満がある方や、転職を考えている方はぜひお読みください。...
ABOUT ME
マックス
マックス
理系大学院➡︎IT系大企業➡︎5%の優秀評価➡︎燃え尽きうつ病➡︎起業で月売り上げ400万円➡︎新規事業失敗、借金➡︎AI系ベンチャーに転職とよく分からない人生を送っています。 当ブログでは私が人生で学んできたことを踏まえて、主に若手サラリーマンの役に立つ情報を発信していきます。